米軍の狙いはアンガウル島を占領し、本土攻撃のための飛行場を作ることであった。当時この島を守っていた日本軍の数はわずか1,400名ほどなのに対し、敵軍の精鋭部隊はその数なんと2万2,000名。およそ日本兵の10倍の数である。

しかも、米軍の精鋭部隊はハワイで特別上陸訓練を受けた、別名「山猫部隊(ワイルドキャッツ)」と異名を持つほど強力な第81歩兵師団及び、米軍第38機動部隊、内訳にして航空母艦11隻、戦艦2隻、巡洋艦10数隻、駆逐艦35隻という大部隊であった。

出典【太平洋戦争】3日後に蘇生した不死身の日本兵 舩坂弘の最強伝説!!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【太平洋戦争】 不死身の分隊長、舩坂弘の伝説

シンプルに時系列順に章に分けてまとめました。まとめてて思いましたが、この人は本当にすごい。

このまとめを見る