1. まとめトップ

何事!?DA PUMPの新曲がハロプロファンにウケまくってる!!!

2018年6月6日,DA PUMPが3年8ヶ月ぶりの新曲「U.S.A.」をリリースする。強烈なインパクトのアートワークが早くもネットで話題になっているが,特に何故かハロプロファンの間でバズりまくってる。この現象は一体…!?

更新日: 2018年06月02日

6 お気に入り 182760 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterで話題のまとめ

DA PUMPの新曲「U.S.A.」がインパクト大と話題

DA PUMPは6月6日に約3年半ぶりのニューシングル「U.S.A.」をリリース。

GWに舞浜アンフィシアターで開催された「RISINGPRODUCTION MENS〜5月の風〜2018」で新曲パフォーマンスを披露。

DA PUMP約3年半ぶりとなる待望のNEW SINGLE「U.S.A.」ジャケット写真・収録内容を公開しました! 是非、チェックしてください! 詳細⇒dapump.jp/news/detail/20… #DAPUMP pic.twitter.com/41deCDK0ka

ネットでは、そのシングルのジャケット写真が「インパクト大だ」と話題になっている。

特に通常盤のアンバランスな配置にダサいの声が多数www

最近出たDA PUMPのCDジャケットが今年最高にダサいと話題だが収録されているUSAとゆう曲がかなりの破壊力。何度も動画を見てしまう中毒性、てかワザとカッコ悪くしてる説あり。 pic.twitter.com/24t0fBblWv

サビの「いいねダンス」(米国発で流行のシュートダンスにメンバーが命名),MCハマーに由来する「驚異のインベーダーフォーメーション」がウリのパフォーマンスなんだが映像のタイポグラフィがなんとも強烈だ。w

DA PUMPの新曲のすごいところは「カモンベイビーアメリカ!」っつってアメリカ側を来させようとしてるところ。お前が行けよwお前が行けよw

そんなDA PUMPの新曲に特に反応してるのが…

DA PUMPの「ジャケットがダサい」で話題の「U.S.A.」の映像見たけど、 歌詞と動きがめちゃダサいのに、歌唱力とダンス力のスキルがやばい高い。 これはもはやハロプロでは…?!?!?!?!(錯乱)

DA PUMPの新曲がダサくてハロヲタ間で話題と聞いたので実際に聴いてみたら本当にハロプロみが深かった

DA PUMPの新曲、それなりに覚悟したその予想の500倍くらいハロプロだった

ハロプロ楽曲の世界観に通じる、中毒性全開の楽曲と、7人によるフォーメーションダンスが、ハロプロファンに刺さり、YouTubeのコメント欄やSNSには「ハロプロ」、「ハロオタ」、「ハロプロ感」といった「ハロプロ」関連ワードにで埋め尽くされている。

DA PUMPさんのU.S.Aが頭から離れなすぎて 今のところハロプロ楽曲大賞1位

あれDA PUMPってハロプロだっけ!?www

「今年のハロプロ楽曲大賞はDA PUMPのUSAだな」ってあかん笑う

一体どこがハロプロっぽいの?

▼確かなスキルのパフォーマンスがハロっぽい

ISSAさんの高い歌唱力、おかしな振り付け(サビのいいねダンス、というネーミングもダサいです、ダンス自体は世界的に流行っている動きなのに)をしっかりと踊るダンス力。
それが、スキル厨(いわゆるパフォーマンス力を重視するファンのこと)が多いハロプロファンに届いたのだと思います

DA PUMPが所属するライジングはスキル志向のアーティストが多く,ハロプロと相通じるものがある気がする。

DA PUMP新曲 は思いっきりダサいのに歌もダンスもカッコ良いという意味でハロプロつんく♂曲に相通ずるものがある でも、つんく♂さんの一体どうしてそこまで乙女なの?!という突き抜けた感性もオンリーワンだし、男前DA PUMPも個… twitter.com/i/web/status/9…

男前DA PUMPも個性的でオンリーワンだし、みんなダサくてみんなカッコイイ

DA PUMP新曲を初めて聞いた時つんく曲に酷似しているしMV自体もザハロプロ!って感じだったけど、それ以上にハロプロだと感じたのは「メンバー全員が顔でも踊ってる」ことに尽きる。歌ってないメンバーも「顔」で歌詞とか楽曲の世界観を表… twitter.com/i/web/status/9…

歌ってないメンバーも「顔」で歌詞とか楽曲の世界観を表現してるんだよ。だからハロオタがスッと入れる。これ大事!

DA PUMPのU.S.A youtubeで改めて視聴したが ハロプロ系のコールが本当に 入れやすい しかしISSAはダンスも歌も上手すぎだろ こういうグループこそが地上波の音楽番組に出て欲しい

※ホント,Mステに出て欲しいよ。。。

▼音楽性がハロっぽい

いわゆる『能天気』で『理解不能』な『ちょっと変でダサい』、でも『楽しい』楽曲

つんく♂プロデュース全盛期のモー娘。「LOVEマシーン」や松浦亜弥「Year!めっちゃホリディ」等の楽曲に見られる「冷静に考えて意味不明」感が近年のハロプロ楽曲から薄れ,へんてこりんな世界観に飢えているハロプロファンも多いという。

能天気な洋楽のカバー(U.S.A.はジョー・イエローのカバー)である点も共通点(Berryz工房などが外国の曲に日本語詞をつけて、カバーしていました)

インベーダーゲームダンスの『恋愛ハンター』感とか、 アメ リカ のコラしたくなる泡沫感…… 思い出の風景を一枚一枚めくりながら地球の平和を歌うつんくさん感……。 確かにハロプロ好きにはたまらん!!! でも、これは1990年代に… twitter.com/i/web/status/9…

でも、これは1990年代にヒットしたあのDA PUMPが、このダンスで歌うからこそ良い!!!

1 2 3