1. まとめトップ

麻生vs石破で真っ向対決?!"新聞"を巡る2人のコメントが興味深い

2018年6月。時同じくして麻生氏と石破氏が新聞を巡るコメントを発しました。片や「新聞を取るのに協力しない方がいい」。片や「新聞やテレビを見ないため、正しい情報を仕入れていない」人を批判。両者のメディアに対する認識が見てとれる興味深いコメントでした。

更新日: 2018年07月30日

1 お気に入り 2712 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2018年6月。時同じくして麻生氏と石破氏が新聞を巡るコメントを発しました。片や「新聞を取るのに協力しない方がいい」。片や「新聞やテレビを見ないため、正しい情報を仕入れていない」人を批判。両者のメディアに対する認識が見てとれる興味深いコメントでした。

FKD秋さん

▼麻生大臣が新聞を批判

批判を浴びかねないような発言ですが、ひたすらアンチ安倍を貫く新聞やテレビの報道に文句だって言いたくなるもの

「はっきりしていることは10代、20代、30代前半、一番新聞を読まない世代だ。新聞読まない人たちは全部、自民党(支持)だ。新聞取るのに協力しない方がいいよ」

麻生副総理兼財務相が2018/6/24、新潟県新発田市で講演した際に述べました

朝日新聞は一連の発言を紹介した後、最後に「自身や政権に対する新聞報道への不満を漏らした格好だ。」と歯ぎしりが聞こえるかのような文章で締めくくった

安倍晋三首相も17年12月に共同通信社で行った講演で、自民党への支持が比較的少ない60代について「ちょうど皆さんの新聞の愛読者層ではないかとも思います」と発言

▼同じ頃、石破氏は逆に「ネット頼みで新聞を読まない人」を批判

新聞もテレビも見ないひとは、正しい情報を仕入れていないそうです。

一つは、参加する資格を持った人ができるだけ多く参加すること、もう一つが、参加する人たちに正しい情報が与えられること。この二つを欠くと、民主主義は暴走してとんでもないことが起こる。

2018/6/25 配信の記事における石破氏の言葉です。ふむふむ。

新聞もテレビも見ず、自分の気に入った情報だけをネットで見る人が増えている。有権者が正しい情報を仕入れているかというと、そうは言いきれなくなっている

ふむふ・・・ふぁ?

▼予想通り…この発言にネットの民がモノ申す

「なにゆっとんじゃーーーーっっっ」

「それ本気で言ってますかね(半ば呆れ)」

ネット民やオタク界隈で支持されてた頃もあった石破がそれ言う辺りこの人はもう終わったんだなと思った

石破氏はピンチの味方を背中から撃つ性根がどうしようもないと言うか、政争に打って出る機を見る目が致命的に無い気がする。言葉選びは実に慎重で対メディアには強いのだけど、最近のメディアへの擦り寄りを見ていると大将の器じゃないなと思ってしまう。

石破氏 麻生氏への批判なら 発言の真意をズラして酷いよ 新聞を読まない層が自民党支持なのは 明らかな選挙結果データー 石破氏「新聞も読まないで自分の気に入った情報だけをネットで見る…有権者が正しい情報を仕入れているか、そうは言いきれない」 自民党支持者を理解してない発言で残念 pic.twitter.com/IBskjzw0sA

「石破さんの不都合な情報もネットで見られるしね」

@anonymous201504 @2ruarice ネットを見る人は100蔓延の献金と石破4条件の仕組みが解りましたわw

ちゃんとネットで「石破は地方創生大臣なのに地方創生の邪魔をして、ずぶずぶの獣医師会のためにわざと無理難問を設定して嫌がらせした」って情報を得てるよ
ソースは獣医師会のネット公開の会報(一次ソース)

「メディアに対する不信感半端ないっつの」

新聞を主に読む奴は、「新聞に書いてある」ということだけで、疑おうとしない。他のメディアを主に当たる奴は、「これほんとかな?」と考えるよ

若者が新聞は読まないってのは 紙の新聞の事だよね。 むしろ、webで読めるいろんな新聞チェックしてるよ。 で、読み比べてる。加えてネットの情報を見て判断してるの。

▼新聞にこだわるのも一理あり?情報収集手段と支持政党との関係は深い

ネット利用の多い層と新聞メディアの利用が多い層では入ってくる情報が違うため政党に対する考え方もおおいに違ってくるようです。侮れない!

実施日は2016年2月23日~3月4日
DIMSDRIVEモニター4,152人が回答とのこと

自民党に投票した人の割合は、20代が50%と最も高く、30代42%、40代36%、50代34%、60代32%、70代以上が38%となっている 。60代までは年齢が上がるほど自民党支持者が減っており、ひと昔前であれば考えられないような変化

言い切るのは危険ですが、よりネットにあふれる情報と接している層と、既存のメディアに対する権威が残っている層では、日々得ている情報の質や大きさがちがってきます。

2006年の調査結果を見ると、自民党支持率は20代と30代はだいたい30%前後、40、50代が30%台後半から40%台、そして60代以上が40~50%台と年齢が上がるとともに支持率が増加

若者の方がより革新的な志向を持ち、より左的な党への信頼が高かった、と一般的には信じられていたが、実はそれは昭和の時代で終わった話だったのかも

1 2