1. まとめトップ

ヨダレ止まらん…ネットで話題の飯テロ漫画を見逃すな!

漫画の鉄板ジャンルの一つ…グルメ漫画!実は今様々な飯テロ漫画がネットを騒がせているんです…「めしぬま。」に「めしにしましょう」,「ドカせん」に「極主夫道」まで…漫画好きなら見逃せない作品についてまとめてみました。

更新日: 2018年05月22日

1 お気に入り 2678 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夜中に見るのは危険!?読むだけでお腹が空いちゃう作品たち!

critical_phyさん

ついにアニメ化へ…「めしぬま。」の誘惑がハンパないぞ!

あみだむく先生の、どこかうだつの上がらない青年・飯沼が恍惚の表情を浮かべ美味し飯を食べる食欲増進グルメ漫画「めしぬま。」のアニメ化が決定した。5月末より「タテアニメ」をリニューアルした新アプリ「アニメビーンズ」で配信される。

ひたすら美味しそうに食べ物を口にするという内容。食べるシーン、特に飯沼の表情に非常に力が入れられており、作中では、飯沼がご飯を食べていると周囲の人間がドキッとして「かわいい」と頬を赤らめるなど、彼によって食欲を誘発されているように描かれている。

グルメ漫画には、何故かバトルにしたり女子がどーたらみたいな描写が多いですが、この漫画の主人公は心の中で完結させ他社にも強要することもないところが読んでて単純に食欲を刺激し読みやすい。お腹が空きました。

めしぬま ってマンガ夜勤中に読んでたら お腹すごくすいたから帰り道何か買って帰ろう! カツ丼とハンバーグ食べてたからすごく美味しそうだったしその2つ買って帰ろーっと!

これ試したくなる…「めしにしましょう」は勉強になります!

いつも締め切りに追われる漫画家のため、変わり者アシスタントが今日もやる気を回復させる“やりすぎ飯”を振舞います! 読めば腹が減ること間違いなし!!

登場する料理は創作料理から家庭料理、高級食材の料理まで手広く取り上げられているが、第1話で風呂桶を用いた牛肉の低温調理、第2話でスッポンの解体を行うなど、普通の料理漫画と比べればかなり飛ばした内容となっている。

料理のインパクトに加え、小林銅蟲先生独特のリズム感と言葉づかい、かわいらしい絵柄の魅力も相まって、耳の早い漫画ファンの間ではすでに話題沸騰中なのです。

お料理漫画は好きでよく買うのですが、「めしにしましょう」は単なる料理漫画というジャンルを越えていると思います。時に科学あり、シュールあり、SFありの具材を、常にギャグが貫いている。次の膳は何か、ワクワクする漫画です。

この漫画を読んでいると肉!肉を低温でじっくり温めて食いたくなってくる!しかし私の家では風呂場でお肉を茹でるのはちょっと無理なんで…。低温調理器が欲しくなってきます。

こんな声も!

風呂調理だしワイルドだしで飯が美味そうだし日常会話の回し方やテンポが神。たぶん現代日本で一番最先端のなんでもない会話の書き手だと思う。

めしにしましょうの簡単に真似できそうな回あって、水炊きとかなんですけど、そこらへんやって見るとウオーーーなる

名作が帰ってきたぞ…「ドカせん」が早くも話題沸騰!

5月18日に発売された週刊漫画ゴラク6月1日号(日本文芸社)にて、「球場三食」の渡辺保裕による新連載「ドカせん」がスタートした。

ドカコックが戻ってきてくれた……!!なぜか教師ものになって……? と思ったら内容はドカコックのままでしたが(笑)これはグルメ漫画界の勢力図が一変してしまいそうです。

日本各地の現場で、己の身体を頼りに働く侠男(ドカ)達。 しかし、彼らも時には苦境に陥り、ドカとしての道を見失ってしまう。 そんな時、伝説の流れドカであり料理人ドカコックでもある京橋建策が彼らドカの腹と心を満たし、現場を成功に導くのだ。

絵柄は原哲夫テイストで、コマ割りが大胆。「男はだまってドカコック!」「ドカモーショナル!」という帯や表紙の勢いのままに、男とメシと現場とアツさだだ漏れです。頭をからっぽにして読める。そんな漫画。

料理漫画と相性のいい人情もの。料理漫画と相性のいい派手なアクション。ピークに達した緊張が皆で同じ飯を食らうことで一気に解きほぐされていく。読者の気持ちまでも引き込むパワー。

この手の漫画だと料理が美味く見えない難点とかが出てきてもおかしくないものの、そんなことは無かったぜと言えるくらいに美味しそうに見える。なおかつ、料理作ってる周囲のリアクションも暑苦しく男臭くも結構笑えるものになっている。

ドカコック読んでない漢(ドカ)なんているのかよ…? #ドカせん

漢なら必読です!!

ついに本格連載へ…「極主夫道」にハマる人多し!

おおのこうすけ「極主夫道」が、本日5月18日に本連載をスタートさせた。新潮社のWebマンガサイト・くらげバンチにて2月に短期連載として始動した本作。

元・最凶ヤクザが極める主夫の道――! 鬼才の新鋭作家がおくる、アットホーム任侠コメディ!!

1 2