例えば緊急で私用が入ってきてしまったときなど、予定を調整してくれたり、フォローしてくれたりする人には、「自分もいつかこの人が困ったとき助けになろう!」と思えるものです。

出典http://tsubasakaiser.com/job/3564/

前へ 次へ