▪️あらすじ▪️
何者かに拉致され、危険な状態の高木刑事。コナンは高木渉が伊達航と同じワタルという名前だった事が引っ掛かっていた。光彦はタブレットを渡す時、犯人の言葉遣いが変だった事を思い出したのだ。「遅くとも明日、明後日にはダメになってしまう」と発言。本来は「明日か遅くとも明後日には」が正しいのだ。コナンは3人の自殺者の1人、北海道出身の英語教師だったナタリー来間の関係者が高木を拉致したと判断。「明後日」を「明日、明後日」というのは北海道の方言だった。ナタリーが伊達の彼女だったと推理。ナタリーは伊達が亡くなった事を知らず、捨てられたと勘違いして自殺した可能性が高かった。高木は彼女の遺族にこの事実を伝えに行ったのだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【名探偵コナン】伊達航登場まとめ【警察学校同期組】

安室透(降谷零)人気に伴って「警察学校の同期」ということで故人で登場シーンが少ないながらも注目度が高いキャラクターです。話数の多い『名探偵コナン』の中で伊達航の登場話数をまとめました。

このまとめを見る