1. まとめトップ

【仮想通貨】知っておくべき界隈の有名人・経営者一覧

仮想通貨に関するニュースや記事を見ているとよく目にする有名人をまとめました。有名コインの生みの親や、仮想通貨に関して大きな影響力を持つ人物など、彼らのSNSやWEBでの発言は相場に大きく影響するので、見ておいて損はないはずです。

更新日: 2018年06月15日

4 お気に入り 7656 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

仮想通貨投資をする上では知っておいた方が良い人物をまとめています。

▼サトシ・ナカモト

2008年に、サトシ・ナカモトと名乗る人物により、暗号理論に関するメーリングリストに、初めてビットコインに関する投稿が行われた。

2009年5月に、サトシ・ナカモト名義で、ビットコインの概念や仕組みが論文の形式で発表され、ソフトウェア「Bitcoin-Qt」が公表されたことにより、ビットコインの流通が開始された。

その後、2010年頃までビットコインのシステムの運営に携わっていたとされるが、2011年には「別のことをやる(moved on to other things)」と書き残し、ビットコイン関連の活動から退いたとされている。

▼ジハン・ウー

AntPool、BTC.comとは共に世界最大のマイニングプールです。ビットコインのハッシュレートでは、2018年4月23日現在、AntPoolは15.5%、BTC.comは29.3%を占めています。

ジハン・ウー氏について​簡単にまとめると、世界最大のマイニング集団のドンという感じですかね。

▼ロジャー・バー

ビットコインへの投資をはじめたのは2011年のことで、リップルを始めとするビットコイン関連のスタートアップに100万ドル以上の投資をしています。

当時、1BTCは1ドルの価値でした。

ロジャー・バー(Roger Ver)がビットコインの神と言われる理由は、前述のようにビットコインの黎明期からビットコイン関連のスタートアップに対して、多額の投資を行っているためです。

また、自身の会社で、初めて支払い手段としてビットコインを導入するなど、積極的にビットコインの推進を行なっており、ビットコインの伝道師ともいえるでしょう。

▼ウィンクルボス兄弟

​ウィンクルボス兄弟とは1981年8月21日生まれの双子のアメリカ人で、名前はテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss​​)とキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss​​)です。

ウィンクルボス兄弟とは仮想通貨分野で投資により億り人となった人で、世界最大のビットコイン所有者と呼ばれています

facebook CEOのマーク・ザッカーバーグとハーバード大学時代に関係があり(詳しくは後述)、それが現在のfacebookの開発に繋がっていることは有名です。

▼チャーリー・リー

ビットコインの「サトシナカモト」とは違い、ライトコインの生みの親は実在する人物で中国人のチャーリー・リー(Charlie Lee)さんです。

マサチューセッツ工科大学で学士号、修士号を取り、Googleのエンジニアとして6年間働いていました。彼がライトコインの発案者です。

1 2