1. まとめトップ

【ハイレゾまとめ】アナログレコードをCD・ハイレゾ音源にしてくれるサービスで手軽に音源を変換しよう

昔から所有しているレコードをデジタル(CD-Rや音楽ファイル)化したい! オーデイオ素人には難しい作業だが、それをすべて依頼できるサービスがあります。ハイレゾにも対応した業社もあるので、レコードの情報を引き出すことが可能です。

更新日: 2018年06月03日

3 お気に入り 4222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

昔から所有しているレコードをデジタル(CD-Rや音楽ファイル)化したい! レコードの取り扱いは結構難しく、針による摩耗もあるのでいい状態のときに、最高品質でデジタル化したい!レアなレコードは特にそう思います。携帯プレイヤーやスマホで手軽に高音質ファイルを聴くための最適な方法をまとめました。

AstroBoyさん

ハイレゾとアナログ・レコードの比較

ライブ感・空気感はアナログレコードに負けていません。そして音の粒立ちについては、ハイレゾ音源の方が際立っています。ただその反面、ピアノのアタック音に続く余韻の「やわらかさ」や、ヴォーカルの湿度を感じさせるような「温かさ」など、音の質感においては、アナログレコードに一日の長があると感じました。

NECネクサスソリューションズ

レコードをデジタル化すると、レコードの良さが失われると思われる方もいると思います。ですが実際に試すとわかりますが、デジタル化してもレコード特有の質感を感じることができます。また、マニアックに録音の音質を追求する要素も満載で、楽しみながら自分だけのオリジナル・ハイレゾ音源を作ることができるのです。

デジマート・マガジン

超ハイエンドなターンテーブルとカートリッジで再生し、高品位にハイレゾ化。アナログの魅力を最新のデジタル技術で余すところなく引き出した、新しいハイレゾの楽しみ方をご提案いたします。

e-onkyo music

ハイレゾ音源は、CD音源を上回る情報量を持つ音楽データです。
圧縮音源では伝えきれなかったレコーディング現場の空気感やライブの臨場感、アーティストが伝えたい音まで感じることができます。

ハイレゾはHigh Resolution (ハイレゾリューション)、「高精細」「高解像度」という意味です。
文字通り、ハイレゾ音源は、CDのクオリティに対して約3倍~6.5倍の情報量になります。
高い情報量により、ボーカルの息づかいから個々の演奏者の立ち位置、楽器や声の生々しさまで、原音に近いリアルな臨場感、立体感、表現力を得ることが可能になります。

階段が細かく「原音」の滑らかな波形に近い(=高音質)

ハイレゾ音源では、サンプリング周波数を見れば、時間に対しどれだけ細かく音を計測(サンプリング)しているかがわかる。

CDの44.1kHzとは1秒間に44,100回サンプリングしているという意味で、96kHzならば9,6000、192kHzならば192,000のデータを持つことになる。

超高域音が扱える!

ハイレゾ音源のサンプリング周波数は、96kHzや192kHzなどとCDに比べてはるかに高い水準に設定されている。

人間の可聴域は20Hzから16,000Hzあたりとされているが、その範囲を大きく超えてサンプリングしたデータを持つことで、録音したホールの雰囲気やボーカリストの息づかいなど、音のディテールや臨場感を再現することが可能になるのだ。

レコードの管理は大変

レコードは樹脂で出来ているので、静電気は起こるし、熱で曲がります。また、レコード盤の黒い部分を水に浸すのは問題ありませんが、真ん中のレーベルは紙なので、湿気も影響があります。

レコードプレーヤーは、レコードの「音を刻んだ溝」にレコード針を当てて、音の振動を電気に換えてスピーカーから音楽を奏でるので、レコード針は物理的な振動をすべて拾ってしまいます。

つまりレコードの溝につまったホコリによる振動、傷、指紋から派生したカビ、レコード盤のゆがみ、レコードプレーヤー本体の振動すらもスピーカーで再生してしまうわけです。

従って、良い音で音楽を楽しむために、レコード針が音として拾い上げてしまうノイズの原因は、すべて取り除く必要があります。

レコードのデジタル音源化はなかなか険しい道のりです。

レコードをデジタル音源化しようと考える際、誰もが思いつくのは「PCに音源取り込み用デバイスを装着」する方法です。

USB接続の安価なデバイスもあるが、ここで忘れてならないのがPCとは“ノイズの巣窟”であることです。PCの内部は、ハードディスクなどが微細なノイズを発しているため、レコードなどアナログ音源にとって、このノイズが天敵となります。ちょっとしたことでノイズを拾い、数時間の作業が徒労に終わることも少なくない。

ノイズ対策としてはTEACのCDレコーダーなどがあり、CDプレイヤーとデジタル(光)接続すれば、音質的には文句のないCD-R化が可能になります。CD-Rさえ作成すれば、一般のCDと同様、PCに取り込んで各種音楽ファイル形式にもコンバートできます。

しかしながらこの作業はかなり厄介です。まず面倒なのが、録音音量の調整。アナログレコードの音量は曲ごとに大きな差があり(CDの比ではない)、録音音量を1曲ずつ細かく調整しなければなりません。

さらに、曲始めや曲間の「クリックノイズ(※ポップノイズまたはクラックルノイズともいう)」問題が立ちふさがる。レコード盤面を何度クリーニングしても、レコード針が拾う「プチッ、バチッ」というノイズを消せないのだ。ノイズが乗るかどうかは運次第なので、1曲の録音を5回も6回もやり直す場合も……。

また、1曲ごとにファイル分けする作業も面倒なことこの上なく、いくら時間があっても足りない。結局、10枚程のシングルと数枚のアルバムをCD-R化しただけで、大枚をはたいたCDレコーダーはほこりにまみれることに……(PCに直接取り込む場合も、同様の問題が発生する)。

レコードの完璧なデジタル音源化は、専門業者に依頼するのが早道

オーディオが趣味のひとつである人ですら、面倒で投げ出してしまったレコードのデジタル音源化。その作業に時間を浪費するぐらいなら、レコードを送付するだけでCD-R化してくれます、有償サービスを利用する方法を検討しましょう。

こうしたサービスはレコード洗浄、プレイヤー、カートリッジ、レコーダーなどにプロ用(業務用)機材を利用し、レコードの音質を最大限に引き出してCD-R化する。デジタル化した状態での音質チェックがWEB上から可能なショップも多く、音質が気に入らなければ再取り込みも依頼可能だ。光学式アナログレコードプレイヤー(レーザーターンテーブル)が完備された店ならば、聞き過ぎて溝が磨り減ったレコードも蘇らせてくれるはずです。

また、ジャケットをCDサイズに縮小コピーしたり、CD-R盤面への収録曲名印刷といったオプションサービスをはじめ、「ここをこうしてほしい」などの作業依頼が可能なケースも多い。作業依頼書が必須な業者もあり、細かな依頼が可能かどうかもショップ選びの基準になるでしょう。

気になる費用は、アルバム1枚で2,000円~5,000円、シングル1枚で1,000円~2,000円程度(※金額はいずれも税抜)。料金差は使用機材、各種オプションの違いだ。CD価格と大差ないので、廃盤&未CD化のレコードを“CDで買い換えられる”と思えば、さほど高コストではないはずです。

以下に著名なショップを挙げておくので、レコードのCD化を考えている方はご参考までに。なお、手間のかかる作業だけに、納期は通常1〜3ヶ月ほどかかります。

レコードのCD-R化・ハイレゾ化サービス業者

1