1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Hideo_riderさん

バイクを購入する際の大きなポイント

バイクを購入しようとしている方にとっては迷いどころでしょう。
新車、中古車の特徴をまとめました。

新車の場合

新車は中古車と比べて本体価格が比較的高価です。ここで言う新車はメーカーの正規代理店や大手販売店で、新車登録されたばかりのバイクを指します。

最新の性能を体感できる

前のモデルには無い、最新モデルに搭載される機能をいち早く体感することが可能です。

長く乗ることができる

エンジンをはじめ、全ての部品が新品です。なのできちんとメンテナンスをすれば、半永久的に乗り続けることが可能です。

最初の車検は3年目から

250cc以上のバイクには2年に1回車検が訪れてしまいます。ですが新車の場合は初回のみ1年間の余裕があります。たった1年ではありますが、いざバイクを購入してみたらその1年のありがたみを実感する事でしょう。

手厚い保証内容と安心感

販売店の中には、新車購入後一定期間、点検やオイル交換、修理が無料というサービスを行っている店舗もあります。また大手店であればそれだけで安心感があります。

以上が新車の主な特徴です。

中古車の場合

中古車は新車に比べて比較的安価なことが大きな特徴です。バイクは車と違って趣味性の高い乗り物なので古いバイクでも人気のある車両はたくさんあります。

状態の良し悪しがある

中古車は部品の消耗度合いやエンジン状態等にバラつきがあります。それらの状態を判断する基準が走行距離です。走行距離が多い車両は購入後にメンテナンス費用が掛かる場合があるので注意が必要です。

新車では買えないバイクが手に入る

生産終了した車両や旧モデルの車両を手に入れることができます。中にはプレミアがついて高値で取引される例外も存在します。

すでにカスタムされた車両に乗れる

中古車の中には高価な社外パーツが取り付けられている場合があります。パーツを取り付ける手間や工賃も考えるとお買い得と言えるでしょう。

バイクの知識が増える

バイクに不具合が出た時に持ち主は修理や部品交換をすることで知識が増えます。中古車は部品が消耗していてもそのまま販売される場合が多くその機会がたくさんあるため、結果的にバイクやメカの知識が多く得られます。

以上が中古車の主な特徴です。

まとめ

1 2