1. まとめトップ

【人生】成宮寛貴 ゲイカムアするまでの道のり【出生から今まで】

成宮寛貴の出生から引退&ゲイ公表までをまとめました

更新日: 2018年06月04日

1 お気に入り 30642 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dll.comさん

成宮寛貴 とは?

芸名:成宮寛貴 (読:なりみや ひろき)
本名:平宮博重(読:なりみや ひろしげ)
生年月日:1982年9月14日

整った顔立ち、可愛らしい仕草で多くの若い男女のファンを獲得。
ドラマや映画などの映像作品のほか、ファッション雑誌などでも多くみかけた。

成宮寛貴の生まれてからデビューまでの道のり

1982年9月14日 東京都港区麻布十番に生まれる。

小学生のころの成宮は、俗にいう『いじめられっ子』で物を隠される、殴られるなどは、ほぼ毎日のように行われていたとのこと。

家は母子家庭で貧乏だったようで、相当な生活苦だったとか。

しかし、成宮の証言では
「小学校の頃はラルフローレンの服を着ていた」

「お手伝いさんを雇っていた」
などという証言もチラホラ…。

麻布十番という土地柄、裕福な暮らしをしていたというのも頷けますが…真相はさだかではありません。

親結婚→父は金持ちだった(ここでラルフローレンやお手伝いさんの存在)→離婚→貧乏暮らし
このような流れな気がします

成宮が14歳のころ、母親が死去。
弟・8歳との二人暮らしが始まります。
中学卒業までは上記にもあった「お手伝いさん(おばあちゃん)」に面倒をみてもらい生活していたんだとか。

※TBS・A studioより

中学卒業後、成宮は弟を養うために、いろいろな仕事に就きます

ファンのなかでも有名な話なのが引っ越しのアルバイトの話。
新宿にある【天草引越センター】というところでバイトとして働いていたそうで、イケメンな上に話し上手で愛想もいい彼は客からも社内からも評判はよかったそう

18歳のころ、宮本亜門の舞台。
『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』でケイン役としてデビュー。

その後、映画、CMと活躍し、2001年放送のドラマ『ごくせん 第一期』でドラマデビューを果たし一気に人気役者へと成長。
※このときのごくせんメンバーは、メインキャスト 松本潤・小出恵介・石垣佑磨・成宮寛貴・脇知弘だった。
エキストラのような生徒には、松山ケンイチなども在籍。

芸能界デビューのきっかけとなった出来事

弟を養うために、いろいろなアルバイトを経験した成宮。
効率的に高額の給料を稼ぐために、いろいろなバイトを経験した結果、行き着いた先は【新宿二丁目】でした。

諸説ありますが

・ゲイバーで注文を聞くだけのボーイの仕事をしていた
・ゲイバーで店子として働いていた
・売り専(ゲイ専用性的サービス店)で働いていた

などの仕事をしていたのではないかと囁かれています。

また、芸能界に足を踏み入れることになったのも、この街のおかげなんだとか。

かたせは二丁目飲みが好きなことも公言しており、成宮が二丁目で働いていたことは間違いないみたいですね。

様々なサイトや誌面を確認する限り、かたせ梨乃さんが「二丁目で働いていた成宮くんに声をかけて芸能界入りさせた」と話しているようです

また、成宮自身も二丁目で働いていたことを、公にしてはいないものの一部には公表していたようで。
かたせ梨乃が勝手に話しているわけでは無さそうです。

ゲイ疑惑に拍車がかかってしまった理由

芸能界に入ってすぐ、オーディション通過したのが宮本亜門が演出した舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』であった。

1958年1月4日生まれの、天才演出家。
ミュージカル、歌舞伎、オペラなど様々なジャンルの演出を手がけている。

2018年現在、60歳であるが過去に結婚の経歴はなく、女性との噂もほぼない。
また、会話中の仕草が手ホゲ(手付きが女性っぽい)していたりすることもあり、ゲイ疑惑が昔から絶えない。

そんな宮本亜門に見初められ、大きな舞台でデビューした成宮は、ネット界隈では枕営業を疑われていた。

更には…

デビューして、ある程度してから、『笑っていいとも』のテレフォンショッキングに出演した成宮。
タモリさんとの楽しい会話、番宣なども済ませ、明日出演のお友達の紹介で疑惑に拍車がかかってしまうキャスティングが行われた。

翌日呼ばれるということで紹介されたのは…平井堅だったのだ。

1972年1月17日生まれ。
日本のシンガーソングライター。
R&Bやバラード、コミカルな歌まで歌いこなす。
深みのある特徴的な声が魅力的なシンガー。

彼も高身長、ナイススタイル、かなり濃い目のしっかりとした顔立ちだというのに、これまで女性の噂がなく、2016年9月ごろには男性と仲睦まじくデートするところをフライデーに激写されています。

彼も昔からゲイ疑惑が絶えません。

二丁目で働いてるところを声をかけられてデビュー

兼ねてから噂のある宮本亜門に見初められデビュー

いいともで紹介した友達も兼ねてから噂されていた平井堅(※)

この組み合わせでインターネットが今ほど普及していない時期なのに、噂は回り回って『成宮寛貴=ゲイ』というのが一般的に知れ渡ってしまいました。

※笑っていいとものテレフォンショッキングは、基本、スタッフの人がキャスティングした友人でもなんでもない番宣したいだけのタレントがでることが多く、このときも平井堅がニューシングルをリリースした時期と重なっており、本当は友人ではなかった可能性もある

カミングアウト

2016年12月、成宮の友人と呼ばれるA氏が週刊誌にコカインを吸入しているとされる写真を提供。
そして、掲載。
その後、ササッと芸能界を引退した。
そのときに公開された謝罪文の内容がコチラ。
謝罪文ではサラッと、でも少しわかりづらくカミングアウトされています

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。
心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が
仕掛けた罠に落ちてしまいました。
この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな
部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が
拡がり続ける事に言葉では言い表せないような
不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。
今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により
世間に暴露され続けると思うと、
自分にはもう耐えられそうにありません。
今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。
今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき
関係者や身内にこれ以上迷惑を掛ける訳にはいかない。
少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。
元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様
本当にありがとうございました。
応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく
自分を許してください。
本当にごめんなさい、そして、ありがとうございました。
2016.12.8 成宮寛貴

この謝罪文、序盤に記載の"この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな
部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。”との記載

前半の文のセクシャリティに関してはゲイであることを肯定した上で、『絶対知られたくない』と書かれており、後半の『このまま間違った情報が~』というのはコカインの話を指していると読み取れます。

1