1. まとめトップ

快眠するための方法

なぜか分からないけど「なかなか寝付けない…」なんてことありません?ここでは快眠に繋げるための方法についてまとめています。睡眠で悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

更新日: 2018年05月24日

2 お気に入り 1604 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

快眠するための方法についてまとめてみました。

naka_hikaruさん

眠りたいけど眠れない…

翌日のことを考えると眠らなきゃいけないのに、全然寝れないってことありませんか?

ここでは、快眠が期待できる方法を紹介していきます。
眠れなくて困っている方はぜひチェックしてください。

日光を浴びる

日光を浴びるのもお昼とかではなく、朝に浴びるようにしましょう。

太陽の光が網膜に入ることで、深部体温やセロトニン分泌のリズムを司る「体内時計」の乱れが調整されます。

また、明るい光は脳内の覚醒度合いを上げるため、目が覚めて意識もはっきりしていきます。

朝起きたら、カーテンを開けるだけも効果が期待できます。
費用をかけずにすぐにできる方法なので、ぜひやってみてください。

ストレッチ

就寝前に体を動かすと逆に目が覚めそうな気がしません?
しかし、ストレッチは

リラックスした状態で布団に入れば、すぐに寝付けることができるでしょう。

また、ストレッチを行うときのポイントとしては、しっかりと深呼吸をすること。
息を止めてしまうと、逆に興奮状態になり寝付けなくなってしまうので注意しましょう。

本を読む

スマホが普及してから、就寝前にスマホをチェックしている人が多くいますが
それは睡眠妨害に繋がってしまうのです。

しかし、スマホ確認をすぐに辞めるのは難しいと思います。
そこでおすすめなのが、読書です。

新しいひらめきや、物語、学びがあるはず。他の人と会話をして対話をするように、本の中の人物とも同じように対話できるので紙の本にも手を伸ばして。

充実した時間を過ごすことができるでしょう。

寝具を見直してみる

上で紹介した方法を試してみたけど、なかなか寝付けなかったという人もいると思います。
そんな人におすすめなのが「寝具の見直し」です。

ジャージなどを着て寝ている場合は、パジャマにするだけでも寝つき時間が短縮したというデータがあります。

というように、普段気に留めていない寝具の不具合が、睡眠の邪魔をしている可能性が
あるので思い切って寝具を一式変えてみるといいでしょう。

睡眠のリズムを作る

毎日同じ時間に寝て、起きる規則正しい生活は
体のリズムも整って質の良い睡眠を作ることができます。

そこで大切なポイントになるのが、

1 2