1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

問題が山積み?イニエスタ加入の裏でヴィッセル神戸が大変なことになっていた!

ヴィッセル神戸は24日、スペイン1部バルセロナの主力として活躍していた同国代表MFアンドレス・イニエスタ(Andres Iniesta)が完全移籍で加入することを発表した。サッカーファンから歓喜の声が上がる一方で、外国人枠問題、MF三田啓貴選手の背番号8番がどうなるか、など悩ましい問題も。

更新日: 2018年05月26日

14 お気に入り 116579 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

イニエスタ選手加入の裏でヴィッセル神戸が大変なことに?

karumaru0505さん

●ヴィッセル神戸はスペイン代表・MFアンドレス・イニエスタ選手が完全移籍で加入することを発表した

サッカー・J1リーグのヴィッセル神戸は5月24日、スペイン1部(リーガ・エスパニョーラ)のバルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)を完全移籍で獲得したと発表した

スペイン1部バルセロナの主力として長く活躍した34歳のイニエスタは、1996年から過ごしたクラブを今季限りで退団。

その去就は世界的に注目を集めていたが、新天地は日本だった。

●アンドレス・イニエスタ選手とは?

1984年5月生まれで、今月11日に34歳となる。日本の学年なら84年1月生まれの長谷部誠(34歳)の一学年下に、85年2月生まれのクリスティアーノ・ロナウド(33歳)の同級生ということになる

2002年にトップチームデビューを果たして以来、バルセロナ一筋16年。「ラ・マシア(バルセロナの下部組織)の最高傑作」とも言われた同選手

トップチーム在籍16年間で、4度のチャンピオンズリーグ制覇を獲得。さらに、リーガ・エスパニョーラは8回の優勝、FIFAクラブワールドカップは3度頂点に輝いた。

●スペイン代表の中心選手としてロシアW杯にも出場する

イニエスタはスペイン代表としても主力として2度のユーロ優勝に貢献しただけでなく、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは決勝戦の延長後半に決勝点を挙げ、悲願の初戴冠の立役者に。

これまで代表通算129試合に出場して13ゴールを記録しており、母国の黄金時代の形成にも多大な貢献を果たしている。

●24日、都内で行われた会見には三木谷オーナーと共に出席

イニエスタ選手(34)が24日、J1のヴィッセル神戸に完全移籍し、都内で行われた記者会見に出席。

イニエスタ選手は会見に登場後、契約書へのサインを済ませると、ヴィッセル神戸のオーナーを務める楽天の三木谷浩史社長とがっちり握手。

●会見ではヴィッセル神戸に対する思いなどを語った

神戸を選択した理由を問われると「提示されたプロジェクトが非常に興味深かった。そして私に対して“人”として信頼を持ってくれた。それが大きかった」と明かした。

「私のチームメイトの人たちと一緒にプレーすることを心から楽しみにしてます。私の大好きな国です。私も、私の家族も日本の文化に慣れて、日本で過ごしていきたい」と意欲。

「ヴィッセル神戸とJリーグがアジア全体に広まるよう、私の力を貸したい。早く日本の文化に慣れ、チームメイトと一緒にプレーするのを心から楽しみにしている」と話した。

●このニュースにサッカーファンからは歓喜の声!

未だにイニエスタが日本でプレーするのが夢としか思えない

イニエスタ正式にきまったのか〜!!!!!凄すぎる。 楽しみだな〜!!!!

1 2 3