1. まとめトップ

カンヌ国際映画祭は『万引き家族』だけじゃない!もうひとつの日本作品『寝ても覚めても』に期待

是枝裕和監督が日本人としては21年ぶりに最高賞であるパルムドールを受賞したことで話題になった第71回カンヌ国際映画祭。実は日本からコンペティション部門に出品された作品はもうひとつあります。今後の日本映画界を担っていくこと間違いなしの濱口竜介監督『寝ても覚めても』とは?

更新日: 2018年05月24日

0 お気に入り 1592 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

年間100本以上を映画館で鑑賞する映画好き。新作はもちろん、名画座にも通う。映画のことだけ考えて生きていたい。

tottohitoriさん

カンヌ国際映画祭で是枝裕和監督の『万引き家族』がパルムドール(グランプリ)を受賞!

日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作「うなぎ」以来21年ぶり。

出典https://eiga.com/news/20180520/3/

描くのは東京の下町に暮らす、平凡で貧しい家族。一見どこにでもいそうな彼らは、「犯罪」で生計をたてひっそりと暮らしている。「犯罪」でしかつながれなかった彼らの、不完全だけれど愛すべき「家族のかたち」と、心揺さぶる衝撃のストーリーが映し出される。

出典https://www.fashion-press.net/news/36215

カンヌに出品されたもうひとつの日本映画『寝ても覚めても』にも注目!

4人の女性の日常と友情を5時間を越える長尺で丁寧に描き、ロカルノ、ナントなど、数々の国際映画祭で主要賞を受賞した「ハッピーアワー」で注目された濱口竜介監督の商業映画デビュー作。

出典https://eiga.com/movie/87413/

本作は、第32回野間文芸新人賞に選ばれた芥川賞作家・柴崎友香氏の同名小説を実写化するもの。

出典https://eiga.com/news/20170831/1/

主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦という一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じる。瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、tofubeatsが初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろした。最高の原作、監督、キャスト、スタッフが集結し、大人の恋愛映画の傑作がここに誕生!

出典http://www.netemosametemo.jp/

濱口竜介監督は2015年のロカルノ国際映画祭で賞をとっていた!!

2015年/日本/317分

あらすじ
30代も後半を迎えた、あかり、桜子、芙美、純の4人は何でも話せる親友同士。だがある日、純の秘密が明らかになり、彼女たちの人生は大きく動いていく。つかの間の慰めに4人は有馬温泉へ旅行に出かけ楽しい時を過ごすが、純の秘めた決意を3人は知る由もなかった。職業も家庭環境も違う彼女たちそれぞれに待ち受ける結末とは……?

なんと5時間17分にも及ぶ超大作。
さらに4人の主人公には、演技未経験の一般女性を起用しています。

濱口竜介監督の最新作『ハッピーアワー』の主演女優4人が、第68回ロカルノ国際映画祭(スイス)にて、
最優秀女優賞を受賞しました。日本人の同賞受賞は初めてとのことです。
加えて、脚本のはたのこうぼう(濱口竜介、野原位、高橋知由)は、スペシャルメンションを授与されました。

出典http://p3.org/JAPAN/2015/08/18_happyhour/

5時間17分の大作となった受賞作『ハッピーアワー』の主要キャストである田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りらは、ともに演技未経験者で普段は別の仕事を持つ一般女性だ。

出典http://realsound.jp/movie/2015/12/post-549.html

濱口竜介「ハッピーアワー」 30代後半の仲良し女性4人組。バツイチ、既婚に子持ち、浮気、離婚、妊娠。様々に問題を抱える彼女たちの人生。生々しくリアルな演技。作品世界に引き込まれて長い上映時間もまったく気にならない傑作。特に、第2部が素晴らしい。317分15年作。 #cinema

『ハッピーアワー』初、濱口竜介。なーがい。しかし余裕で全部観られてしまった。序盤のワークショップに全てが詰まっている。正中線を撮るキャメラ、わかりあえない人間関係、円卓や四方向に机を囲む。少々あざとい気もしなくもないが、それを超越する全体の構成の美しさ。最高の映画体験だった。

最新作『寝ても覚めても』カンヌでの評価は?

上映終了後、エンドロール中から大きな拍手が始まり、その拍手は10分以上鳴り止むことはなかった。場内が明るくなると、多くの観客が濱口とキャストへ「Beatiful film!」と称賛の声を投げかける。

出典https://natalie.mu/eiga/news/282166

39歳にして初の世界三大映画祭出品でカンヌ国際映画祭コンペティション部門入りの快挙となった濱口監督は、上映後「こんなにあったかい拍手もらえると思いませんでした。カンヌで伝わってとても嬉しい気持ちです」と現在の心境を述べた。

出典https://www.cinemacafe.net/article/2018/05/15/56725.html

翌日に行われた会見では、海外の記者から「日本映画のフレッシュな、新しい波を感じさせる素晴らしい作品。とても繊細で、ほとんど目に見えないような軽やかさがあるが、どのようにしてこれほどデリケートなアプローチをしたのか」といった質問があがった。

出典https://eiga.com/news/20180516/9/

映画界の明るいニュースって良いな。是枝さんの万引き家族にスポットが当たりがちだけど(それは仕方ない。だってパルムドールだもの)濱口竜介監督の寝ても覚めても、こちらも私は期待してる。いずれも公開したら速攻観に行きますよ。

濱口監督の『寝ても覚めても』、カンヌでの評判が良いようなので更に早く観たい欲が高まってきた。

9月1日(土)テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開.

出典http://www.netemosametemo.jp/

1