1. まとめトップ

しらなかった!!大人ニキビをできやすくする食べ物

顎ニキビのできやすくなる食べ物と顎ニキビのできるのを抑える食べ物についてまとめてみました。

更新日: 2018年09月26日

0 お気に入り 5678 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

顎ニキビの原因は食べ物だった!?

食べ物と肌荒れは深い関係があります。肌を作る栄養素を取り込んでいるのは腸であり、肌は腸の状態を表しています。

動物性脂肪や糖質の過剰摂取は、皮脂を増加させるので控えた方が良いでしょう。塩分の多い加工食品や、脂肪分・糖分の多いスナック菓子などが当てはまります。また、紅茶やコーヒーなどに含まれるカフェインも、ビタミンB群の吸収を低下させてしまいますので、なるべく避けた方が良いでしょう。

あごの吹き出物ができる場合は、「卵・チーズ・豆類」のとり過ぎが原因と考えられます。これら陽性の脂は下の方に溜まりやすく、生殖器や膀胱に負担をかけている現れだと言われています。

ケーキやジュースにチョコレートなど、甘くて口に美味しいものには、糖分が非常に多く含まれています。糖分は体内でエネルギー源となる大切なものではありますが、摂りすぎてしまうと脂肪となってしまう ため、皮脂の過剰分泌が促されることに。

みんな好きそうな食べ物ばかりですね。

赤身の魚や肉など、動物性食品の中でも陽性が強いものの食べ過ぎ。顔の中で一番下のあごに、吹き出物が出るのです。

たくさんの香辛料が使われたカレーや、唐辛子が大量に入った料理など、刺激物を含む食べ物を食べることで胃腸に負担がかかってしまうことになります。

洋菓子、清涼飲料水などの、糖分の多いものは、ビタミンB群(ビタミンB2 、ビタミンB6など)やミネラルを大量に使って分解されると言われています。そのため、過剰な皮脂を防ぐ働きが弱まりやすくなってしまい、ニキビの原因となることがあります。

胃に負担がかかると胃液が多量に出され、胃ばかりでなく腸までもが荒れてしまうことになります。すると胃腸の消化吸収機能が低下 しますから、結果としてニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

ニキビに効く効果的な食べ物

ニキビや肌荒れに必要な栄養素は、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE。

水分をこまめに摂ると基礎代謝が上がります。利尿作用が良くなり、血液中の老廃物が排出されやすくなるのです。代謝が上がると内臓が活発な状態になり、肌のターンオーバーも整えてくれ、さらに便秘の解消にもなります。

<大人のニキビ予防におすすめの栄養素>
・ビタミンA
…例:にんじん、かぼちゃ、レバーなど
・ビタミンC
…例:ブロッコリー、さつまいも、柑橘類など
・ビタミンE
…例:かぼちゃ、玄米、うなぎ、ナッツ類など
・亜鉛
…例:生ガキ、納豆、レバーなど

生野菜サラダは作るのが簡単でおいしいですが、あまり食べ過ぎると体を冷やしてしまいます。体の冷えは血行不良を招き、肌細胞の生まれ変わりに必要な酸素や栄養素が運ばれにくくなるので、できるだけ温かい料理でいただくようにしましょう。

ビタミンCはコラーゲンの生成を始め、肌環境を整え維持し、健やかな肌に必要な成分。活性酸素により失われたビタミンCを食事で補うことが大切。

ブロッコリー、赤ピーマン、アセロラ、キウイ、柑橘類など、ビタミンCを多く含む野菜や果物を積極的に食べましょう。また、ニキビの原因となる皮脂分泌を抑えるビタミンB群も積極的に摂りたい成分。

簡単に作れるニキビに効果的な料理レシピ

食生活を見直して、美しい肌を取り戻しましょう。

■赤パプリカのレバー炒め
〈材料〉
・赤パプリカ 1/2個
・豚レバー 250g
・キャベツ 5枚
・ニラ 1/2束
・片栗粉 適宜
・塩コショウ 少々
・オイスターソース 大さじ1
・油 適量
・牛乳 適量

〈作り方〉
①水で洗った豚レバーを、お皿に入れた牛乳に浸す
②赤パプリカ、キャベツ、ニラを細切りにする
③牛乳に浸しておいた豚レバーを水ですすぎ、クッキングペーパーで水気を取る
④豚レバーに片栗粉をまぶす
⑤フライパンに油をひき、豚レバーを焼く
⑥豚レバーに火が通ってきたら、切った野菜を入れ、塩コショウとオイスターソースで味つけする

■納豆の玉子焼き
〈材料〉
・パック納豆 2パック
・卵 4個
・なめこ 100g
・あさつき 半束
・サラダ油

〈作り方〉
①ボウルに、納豆と納豆のタレ、なめこ、卵を入れてかき混ぜる
②フライパンに油をひき、フライパンがあたたまったらボウルの中身をフライパンに入れる。
③火加減を中火にし、フタをする
④塩、コショウで味を整える

1