1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

◆レイ・ヤン

2007年の釜山ミスコリア選抜大会で1位となり、2015年マッスルマニア・ユニバース世界大会選抜戦では、スポーツモデル部門とミズビキニモデル部門の2冠を達成。昨年末の大韓民国消費者満足度評価大賞式では、文化芸能部門で受賞した。

フィットネストレーナーや、韓国内では女優としてTVのドラマに出演したりと、マルチな才能を活かして活躍している、韓国が誇る筋肉女子の一人です。

レイヤンは演技もできる“モムチャン・スター”として知られている。彼女のドラマデビューは『グッドワイフ』で、その後も『重量挙げの妖精キム・ボクチュ』などに出演した。

韓国の人気番組『プロデュース101』でフィットネス・トレーナーを務めて、最近は海外からもラブコールを受けているというレイヤン。

▼トレーニング動画あり

◆ユン・ヘジュ

もともとはOLだったが、現在はモデルとして活躍しながらフィットネス関連の会社も経営しているというユン・ヘジュ。

日本のモデル・女優の菜々緒(身長172cm・股下85cm)を超える身長172cm・股下106cmのプロポーションを誇り、昨年9月に開かれた韓国最大のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』の受賞者にもなったユン・ヘジュ。

友人から“コミタリ”というあだ名まで付けられるほど。“コミタリ”とは、直訳すれば“クモの足”となる。それほどまでに長くて細い美脚ということだ。

◆イ・フィジン

韓国に、“フィットネス界のビーナス”と呼ばれる現役女子大生がいる。梨花(イファ)女子大学の舞踊科で学ぶイ・フィジンがその人だ。

優雅で繊細なイメージのある舞踊家と、アクティブでゴージャスな印象のあるマッスル美女。

昨年9月に行われた韓国最大のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』でフィットネス部門1位、コマーシャルモデル部門1位に輝いた

細かったボディラインを大きく見せるために肩やヒップを重点的に鍛えるなど、自分の体と向き合いながらトレーニングを積み重ねていったというが、特に食事管理では、彼女ならではの苦労があったという。

フィットネス専門誌『MAXQ』でモデルを務めた“ラスベガス・グラビア”が公開された当時は、韓国メディアもそのヒップラインの美しさを絶賛していた。

1