1. まとめトップ

ダービー2018予想!ダノンプレミアム本命か?(参考レース動画まとめも)

クラシック第一弾の皐月賞が大荒れ!ダービーは逆転劇で混戦模様か?

更新日: 2018年05月26日

0 お気に入り 7699 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ここ2走は固い決着のダービー。案外固く決まるか、皐月賞での力関係がそのまま反映されるのか。

最高の栄誉を懸けた一戦

全てのホースマンが夢見るダービー制覇へ、今年も狭き門をくぐり抜けてきた3歳世代の精鋭たちによって争われる。過去10年で単勝1番人気馬は8頭が3着以内に入り、そのうち4頭が栄冠を手にしている。

その一方で、単勝6番人気以下の馬が9頭3着以内に入っており、前評判の低い馬の好走が多い点も見逃せない。胸

高鳴る一戦を前に、過去10年の結果から、好走馬に共通する傾向を探ってみよう。

ダービーの由来

競馬のダービー(Derby)とは、1780年にイギリスで創設されたダービーステークス及び当競走を模範した競走又はその国や地域における3歳競走馬(人間の20歳に相当する)の競走である。

例外として国や地域によっては3歳以外の競走馬の競走として行っている場合もあれば、繁殖能力のない騸馬が出走可能な競走もある。

野球のハーラーダービーや競艇の全日本選手権競走(通称:ボートレースダービー)、それに日本選手権競輪(競輪ダービー)も競馬のダービーに由来するがサッカーなど他のダービーマッチはダービー市に由来している。

ダービー卿(en:Earl of Derby)の称号は初代がダービーシャーに大きな領地を保有していたことに由来するものの、創始者の一人である12代ダービー卿は初代とは別家でありダービー市と直接の関連性は無いものとされる。

ダービー
馬番別(過去10年)

1番 (4-2-1-3)
2番 (1-0-0-9)
3番 (1-0-3-6)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-0-0-9)
6番 (0-0-0-10)
7番 (0-1-2-6)
8番 (0-2-0-8)
9番 (0-1-0-9)
10番(1-0-1-8)
11番(0-1-1-8)
12番(1-1-0-8)
13番(0-1-0-9)
14番(1-0-1-8)
15番(0-0-0-10)
16番(0-0-0-10)
17番(0-0-0-10)

枠順別の成績を見ても、明らかに1枠1番が有利であり、外枠(ピンク帽は厳しい)

外枠のジェネラーレウーノ、ワグネリアン、サンリヴァルは切りか。

(祐一君、やっぱG1では持ってないな…)

Twitterの声

青葉賞2着エタリオウは集中力がポイント/ダービー

1 2