1. まとめトップ

【閲覧注意】Googleマップで見つけた怖い場所【2020年都市伝説:オカルト】

2018年は様々な都市伝説・オカルト・予言が話題になりました。この記事では、Googleマップ【アース】で見つけた怖い場所をまとめています。その場所にまつわる怖い話も満載なので、興味がある方は是非ご覧ください^^

更新日: 2020年06月06日

35 お気に入り 1865147 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

グーグルアースで色々見ると、たまに怖い場所が出てくる!

baseraさん

ペニーワイズ

ペニーワイズはホラー映画『IT/イット』に登場する殺人ピエロ。

グーグルマップを見るとペニーワイズが!後日、この人物はペニーワイズを装ったファンだと分かった。

本人はいたずら目的で、排水口に侵入したという。

東京・三鷹駅近くにある玉川上水緑道

この集団は娯楽サイト「デイリーポータルZ」のライター陣。偶然、グーグルマップと遭遇し、撮影された。

山口県の県道10号線沿い

鹿の被り物を被り、ギターを持っている。人目の付かない場所で、芸の練習をしている。

しかしグーグルマップにしっかり映っていた。

彼の正体はユーチューバーで、動画を撮影していた。

ルーマニアでUFOが

銀色のUFOを発見。目的は地球の調査かな?オブジェと思うが、よくできている。

巨大蟹

堤防の近くに、巨大ガニが!映画に出てきそうな怪物だ。正体不明だが、フェイク画像だと思う。

東京・千代田区(赤坂駅)

上空を見ると、宇宙人の姿が!

オランダ・アルメレでは

よく見ると、人のようなものを運ぶ人が写されている。しかも血のような跡が残っている。

画像を見る限り、殺人事件に見えてしまう。

事件の流れをまとめると
・犬が池にダイブする

・そのまま泳いで、陸地に上がる

・飼い主がいるデッキに向かう

血のような跡は、水の跡だった

イタリア北部

場所は全長55m、側面の高さは6m
そこに行くとウサギのオブジェが出てくる

このオブジェは、gelitinという芸術家が作ったものだ

イタリアのアルテジナにある巨大なピンク色のウサギ。

ルーマニアの汚染村

元々は、のどかな村だった

しかし汚染水により、村が水没する

汚染水は、非常に有毒で
触れると手が腫れてしまう。

そのため、誰も調査しない

一部では有毒ガスが発生しており
吸い込むと死に至る。

・ルーマニアの独裁者【ニコラエ・チャウシェスク】は、銅の採掘に力を入れる
当時、銅は高価なものだった

・ニコラエは、ジャマナ村に採掘所を作る

・村人たちに立ち退き命令が出る

・村人を追い出す

・銅を採掘する

・沢山の汚染水が出る

・汚染水を村に流す

・村が水没する

この影響で実に400もの家族がジャマナ村を追い出されることに。村は採鉱場から出た汚い泥によって猛毒の汚染湖へ変わってしまったのだ。

開発が進むにつれて血のような湖は巨大化し、かつて村だった部分は次々に飲み込まれていった。

イギリスの島

この場所で、ストリートビューを開くと、異世界に迷い込む。

多くの人はバグと言っている。

恐怖度★★★★

かなり隔離された場所にある

ここにいる人は
どんな生活をしているのか?

Googleマップで「限界集落」の写真を集めてみた。一応、ウィキペディアの「限界集落」の項によると、「限界集落とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になった集落」です。

出典孤立した集落

ネットで見つけた情報

・親の介護のため44歳で帰省してから村人のあらゆる雑用をずっとさせられる
・一番若いからという理由で草刈を全部一人でやらされる
 →自費で買った草刈り機を燃やされる
・近隣住民に物を取られる
・自宅を放火される
・集会で胸を刺される
・先祖の墓が倒される
・退職金を配るよう強要される
・村おこしを反対される
・農薬を撒かれる→愛犬一匹目死亡
・カツヲ捕まった直後に愛犬二匹目死亡

1 2 3