1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2013mama0909さん

今からの季節、紫外線や熱中症が悩みの種ですよね。。
その悩みが、おいしく予防出来たらすごーくうれしいですよね♡
今また、注目されているあのフルーツの効能や特徴、効果的な食べ方をご紹介していきます!!

☆食べる点滴【キウイ】☆

・キウイの栄養素

①ビタミンCで美肌効果

女性の誰もが気になるのが、はつらつとした美しさ。そんな“美”に関係が深いのが美容のビタミンといわれるビタミンCです。肌のハリに関わるコラーゲンの生成をサポートしたり、シミの原因であるメラニンの生成を抑えたりと、みずみずしい肌作りをサポートします。またビタミンCは、加熱に弱い性質があるため生のまま食べられる果物でとるのが効率的。ゼスプリ サンゴールドには、ビタミンCがレモン8個分以上*も含まれており、1個で1日の推奨量*の100%を摂取することができます。

②便秘解消効果で体の中からスッキリキレイ

キウイの食物繊維は

不溶性食物繊維
水溶性食物繊維
の両方が同時に摂れるので一個でダブルの効果が得られるというわけです。

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維のことで、腸などで水分を吸収し大きくなるので、腸内のお掃除をしてくれる役割を持っています。

そのため、デトックス効果を狙うなら欠かせない成分と言えます。

それに対し、水溶性食物繊維とは水に溶ける食物繊維のことを指します。血糖値が急に上がるのを防ぐほか、余分な脂肪を体の外へと排出する働きがあります。

また、整腸作用もあるため、不溶性食物繊維と同じく便秘解消に効果を発揮してくれます。

便秘が解消されれば、肌荒れも改善されるので美肌へと近付きます。

不溶性食物繊維の持つデトックス効果と水溶性食物繊維の持つダイエット効果が体の中からキレイにしてくれますよ。

食物繊維をたっぷり摂りたい!という方におススメなのがグリーンキウイです。

③疲労回復効果

酸味を作り出す有機酸は、筋肉を使うときに作られる乳酸の生成を抑えたり、鉄の吸収を高めたりする働きがあります。そのため、有機酸をとると疲労回復や貧血予防に役立つと言われています。さわやかな酸味を持つキウイフルーツには、キナ酸やクエン酸、リンゴ酸などの有機酸も含まれているので、疲れたときやスポーツ後の回復時に食べるのもおすすめです。

現代での塩分の多い食事は高血圧の起因ですが、高血圧になると生活習慣病を招く恐れがあり、早めの予防が大切です。

さらに美容面からみても塩分の摂りすぎはNG!体の外へと余分な水分を排出するのを妨げてしまうため、むくみの原因になります。

顔や足がむくみやすいという方にとってむくみは大敵ですよね。顔や足がむくんでいると太って見えますし、靴がきつくて履きにくくなります。

この場合はゴールドキウイの方がカリウムが多く含まれています。ゴールドキウイ一個に含まれるカリウムの量は315mg、グリーンキウイだと301mgだそうです。

⑥細胞に働き、造血ビタミンとも呼ばれ、 妊活に欠かせない葉酸豊富

ビタミンB群の仲間で、造血のビタミンといわれる葉酸は、赤血球や新しい細胞を作り出すために必要な栄養素。胎児の健康な発育には、葉酸が欠かせません。妊活中から妊娠中は意識してとりたい栄養素です。生のまま食べられるキウイフルーツなら、加熱に弱く、水に溶けやすい葉酸を効率よくとることができます。また、キウイフルーツはさわやかな酸味が魅力なので、つわりで食欲が落ちがちな妊娠中のママもおいしく食べられます。

☆キウイのおいしい見分け方☆

甘く熟したものの見極め方
熟し加減を確かめる時に軽く押しますが、腹の部分ではなく、お尻と軸が付いていた頭の部分を指先で挟むように持ち、お尻の部分を押すようにして確かめます。その訳は、キウイの最も甘くなる部分は果肉の緑の部分ではなく、中心部の白い部分で、この部分は最後に熟すため、縦に圧して中心部が熟しているかを確かめるのです。

☆熱中症に効く?!食べる点滴【塩キウイ】☆

点滴と同じ成分を含むのが、ドラッグストアなどで市販されている経口補水液。でも実は、それよりももっと手軽においしく熱中症予防ができる方法があります。それが、“塩キウイ”。
 「ジューシーなキウイフルーツには水分はもちろん、適度な糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムがバランスよく含まれています。それに塩(ナトリウム)を加えるだけで、点滴と同じ成分を含む“食べる点滴”になるんです。
 塩の量の目安は、キウイフルーツ1個(可食部100g)に対して2本の指でひとつまみ(0.5g程度)。ただし、たくさん汗をかいてミネラルが不足していると、塩味を感じにくくなります。『いつもと同じ量なのに、薄味に感じる』というときは、塩の量を増やすといいですね」(足立先生)

塩キウイの作り方

作り方は、まず、皮をむいたキウイフルーツをカットしてスライドジッパータイプのビニール袋に入れ、実をすりつぶすようにして手でもむ。次に塩を1g程度(親指・人さし指・中指でひとつかみ分)入れ、コップ半分から1杯弱の水を注げば、"食べる点滴"こと「キウイの手もみスムージー」が完成する。

☆グリーンキウイとゴールデンキウイの違いは?☆

今、市場ではグリーンキウイとゴールドキウイの2種類が発売されていますが、どちらも効果があります。
グリーンキウイは、食物繊維が豊富で、クロロフィルの含有量が多いので、便秘解消や美白に効果ありです。

一方ゴールドキウイは、ビタミンCが豊富なので、美白や肌ダメージの回復に効果があります。

体の内面から健康に近づけたい女性はグリーンキウイ、とにかく肌をキレイにしたいという女性はゴールドキウイがおすすめですね!

ゴールドキウイの方が甘みが強いので、デザート感覚で食べたい場合はゴールドキウイの方が食べやすいかもしれません。

1 2