1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『銀魂2』から『今日から俺は!!』まで!「福田雄一」監督が大活躍な件

『勇者ヨシヒコと魔王の城』など深夜のコメディードラマで人気を得た福田雄一監督。近年は映画監督としても大活躍で、昨年は『銀魂』が大ヒット。6月には初の本格的ラブストーリー『50回目のファーストキス』が公開。その後も『銀魂2』、『今日から俺は!!』『聖☆おにいさん』と監督作品が続く。

更新日: 2018年07月21日

16 お気に入り 39804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆深夜ドラマで人気を得た福田雄一監督

1968年7月12日生まれ。栃木県出身。1990年に劇団「ブラボーカンパニー」を旗揚げ、座長に加え、構成・演出も手掛ける。舞台活動と並行し、フリーの放送作家としても活動し『笑っていいとも!』などの超人気番組の構成を担当。

00年代に入ると数多くのテレビドラマの脚本/演出も手掛けるようになり、11年に始まった『勇者ヨシヒコと魔王の城』(テレビ東京系)は爆発的な人気を獲得。

『アオイホノオ』、『新解釈・日本史』、『裁判長っ!おなかが空きました!』、『天魔さんがゆく』、『メグたんって魔法つかえるの?』、『コドモ警察』…挙げれば切りがないほど、ここ数年の深夜ドラマは福田雄一が演出したドラマが席巻。

◆コメディに定評があり、昨年は映画『銀魂』を大ヒットさせた

『銀魂』(2017)

中国では1万6673スクリーンで公開された

深夜のコメディドラマに定評があり、「ミューズの鏡」と「コドモ警察」(ともに12)は相次いで映画化された。「俺はまだ本気出してないだけ」「HK 変態仮面」(13)といった人気漫画の実写映画化でもメガホンをとる。

中でも評判・興行成績ともに大成功と言えるのが『銀魂』だろう。再現度の高いキャラクター造形やパロディ満載でテンポ感抜群のコメディシーンの数々は原作&映画ファン双方の話題となった。

興行収入38.4億円(2017年邦画部門3位)

映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』の2本が公開、見事2017年ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた今最も忙しい監督。

◆そんな福田監督だが、今年は本格的ラブストーリにも初挑戦

出典eiga.com

『50回目のファーストキス』(2018)

コメディの王者である福田雄一監督が“初”の王道ラブストーリーに挑む。山田孝之×長澤まさみ主演、映画『50回目のファーストキス』が、2018年6月1日(金)に公開される。

アダム・サンドラー&ドリュー・バリモア主演による2004年のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」を、山田孝之と長澤まさみ共演でリメイクしたラブコメディ。

新たな記憶を一夜で失ってしまう美女と、彼女に心奪われて何回もアプローチする青年の姿を描く。

◆夏には大ヒット映画の続編でもある『銀魂2』も公開

前作に引き続き、「勇者ヨシヒコ」シリーズなど脱力系の作品を得意とする福田雄一が監督・脚本を務める。

主人公・坂田銀時を演じる小栗旬を始め、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、佐藤二朗と豪華キャストの再集結。

◆秋には連ドラ『今日から俺は!!』も放送される

賀来賢人主演、福田雄一が脚本&監督を務める10月スタートのドラマ「今日から俺は!!」。

西森博之のマンガを福田雄一が実写化する本作は、金髪パーマ高校生・三橋貴志と、その相棒であるトンガリ頭・伊藤真司の巻き起こす騒動を描く青春不良コメディ。

数々の作品で福田監督とタッグを組んできたムロツヨシをはじめ、佐藤二朗、若月佑美(乃木坂46)、柾木玲弥が出演する。

1 2