1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知らないと損する!みんなの節電・節約に繋がるエアコンの使い方

みんなの使い方がめっちゃ参考になります。

更新日: 2018年05月28日

99 お気に入り 75602 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

電気代が高くなる夏。6月から9月にかけてはその請求額が怖いもの。エアコンの使い方を見直して、みんなの節電・節約に繋がる効率的なエアコンの使い方を真似してみましょう!

stoneflowerさん

▼暑くなると…怖いのが電気代。

暑すぎて今年初クーラー 夏は電気代が怖いな~Σ(´□`;)

電気代が気になるからといって扇風機やエアコンを使わず暑さに耐え、熱中症になってしまっては元も子もありません。かといって毎日エアコンを使いすぎては、電気代が気になってしまいます

□ちょっと見直してみない?節電・節約にもなるエアコンの使い方。

・帰って来たらすぐエアコン!ではなく、一度窓を開けてから。

室内が暑いまま冷房を入れるのはものすごく効率が悪いです。まずは窓を開けて換気をしてからエアコンのスイッチを入れましょう。

外出から帰ってサウナ状態になった部屋を冷やす場合、エアコンのスイッチを入れる前に、まず窓を開けて部屋の熱気を外に逃がして。これだけである程度室温は下がり、無駄な電力使用が避けられます

必ず2カ所を開けること。「一つの窓を大きく開けても、空気の通り道はできません。ワンルームマンションで窓が2つもない場合は、窓とドアを。ドアを開け放しにしづらければ、窓と換気扇でもOK

帰ったら熱がこもって部屋が暑い。 でもロフトの小窓と洋室の窓を開けると換気が捗るから助かる。

・こまめなオンオフよりも、実は「つけっぱなし」が正解!

エアコンが一番電力を使うのはスイッチを入れた直後の10分間程度。その後室温が設定温度に近づくと安定運転に入ります。
このため頻繁なオン・オフ自体無駄な電力を消費します

こまめに消すより短時間の外出なら消さないほうがむしろお得。
出がけに設定温度を1℃上げておくと、さらに節電効果が高まります

エアコン電気代最初の1時間は約38円/hですが4時間目以降は7円ほどに落ち着くので長時間使い続けるほど電気代がお得になります。丸一日つけっぱなしで165円、一ヶ月丸ごとつけっぱなしで5000円ほどです。繰り返しますが、エアコンはつけっぱなす程、お得です。 #節電

設定温度は1度上げると10%もの節電になるため、できれば推奨温度とされている28℃まで上げておきたいところ。設定温度を下げ過ぎると、その時は涼しくて爽快でも冷房病などの原因にもなるので注意

少しでも節電になるようにとドライにする人もいますが、実はドライの方が冷房よりも消費電力量が多くなることがあります。湿度を下げたい梅雨時にドライにするのはOKですが、暑い時期は冷房を

・2週間に1度、エアコンの掃除をしよう!

フィルターに異物がたまってしまうと、空気の通り道がふさがれ、空気を吸い込むのにより多くの電気が必要になってしまいます。

掃除の頻度の目安はシーズン中で2週間に1回!と言われています

実際に冷やすこと。室内機が動いたからOKではなく、室外機のコンプレッサー(圧縮機)がしっかり働くかを確認しなければなりません

・古いエアコンは、思い切って買い替えるのも◎

1 2