1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

薄毛に悩みはじめた方へ厳しい現実を、、、

bvotgさん

どっちから遺伝する?父方、母方

一般的によく言われるのが、「父親がハゲていると自分もハゲる」など、父方からの遺伝が大きくクローズアップされますし、そう思っている人も多いと思います。
そもそも、薄毛の原因はジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンの働きにあります。ジヒドロテストステロンは通常のホルモンが、5α‐リダクターゼという酵素の影響により変換されて生成されたものです。つまり、正確に言えば、「5α‐リダクターゼを生成しやすい体質が遺伝する」ということになります。
ちなみに、この5α‐リダクターゼを多く生成してしまう体質の遺伝については、父方母方関わらず優性遺伝するとされています。言い換えれば、どちらかの親が5αリダクターゼ活性がある遺伝子を持っていれば、子供に活性が表れる可能性があるということです。

5α‐リダクターゼという悪魔の遺伝子を父親か母親のどちらかが持っていれば遺伝します。
しかも優性遺伝なので片方がもっていれば遺伝するということですね。

これ、どんどんハゲ人口が広がっていくということを意味していますね。

母方からの遺伝でハゲになる?

5αリダクターゼ活性があるかどうかは、母方からの遺伝が大きく影響するとされています。つまり、母方の祖父が薄毛であれば、孫にその体質が遺伝することが多くなるということです。母親は女性ですからAGAになることは確率としてあまりなく、母方の祖父の薄毛が孫に隔世遺伝しているように見られたりするのです。
5αリダクターゼ活性があるかどうかを決める遺伝子は、X染色体に存在しています。男子が生まれる時は、母親のX染色体と父親のY染色体がそろってXYとなりますが、母親のX染色体が男子に引き継がれるのです。母方からの遺伝が大きいとされる所以です。このように考えると、遺伝による薄毛のリスクはとても高いように感じる人もいるかもしれません。ただ、同じ親から生まれた兄弟でも、薄毛になる者とそうでない者がいるように、遺伝で確実に薄毛になるわけではありません。
実際には遺伝だけではなく、その他の要因が絡み合って薄毛の原因を引き起こすケースも多々あります。

5α‐リダクターゼを遺伝してもその遺伝子が活性化しないとハゲにはならないわけで、、

この遺伝子が活性化しやすいかどうかは母方から遺伝しやすいそうです。
つまり、母方のおじいちゃんの頭をみることで将来自分の頭皮環境がある程度予測されるということですね。

このハゲ遺伝子をもっているかどうか調べる

遺伝子検査は口内粘膜から採取しますので、短時間に手軽に検査を受けることができます。男性ホルモンの感受性に関わる遺伝子を調べることで、AGAを発症しやすい体質かどうかを判定します。

遺伝子検査の結果
結果が出るまで1ヶ月程度かかります。AGA発症リスクやフィナステリドに対する感受性の高低(高い=効果が見込める)などを知ることができます。検査の結果は個人情報となりますので、クリニックで医師から説明することになります。

遺伝子検査の費用相場は?
クリニックで受ける場合は20,000円以上、遺伝子検査キットなどを使用して個人で行う場合は13,000円程度が相場となっています。

いまは遺伝子検査が手軽になっているのもあり、13000円から自分が将来ハゲやすいかどうかを調べることができます。

ハゲても毛は生えてくるの?

AGAの脱毛は、発毛サイクルが異常を起こし、毛周期にかかる時間が大幅に短縮されることによって髪の毛の一本一本が十分に成長できないまま抜けてしまいます。そのため抜け毛が細くなったり、生えている髪の毛のツヤやコシがなくなったと自覚します。そのまま放置しておくと最終的には、毛包がフケとして表皮から脱落してしまいます。

通常、毛周期は1000〜2000日かかるといわれています。しかしAGAの場合は、成長期が最短で約100日程度と極端に短くなり、成長期で毛髪が十分に育たないまま退行期を迎えて抜け落ちていってしまうことになるので、何か改善をしない限り薄毛は続くことになります。

さらに、薄毛の悩みを抱える方々が一番知っておかなければならないことが、毛周期は、“生涯で決められた回数しか出現しない”ということです。前頭部や頭頂部の毛周期は、AGAの原因となる男性ホルモンと直接的に関係しています。この男性ホルモンは遺伝的素因もあるため、現時点では薄毛が気にならなくても、毛周期の短縮が徐々に始まっている可能性があるのです。

細胞は必ず決められた回数しか再生できません。それは細胞ごとによって違うのですが、一生涯に起こる毛周期の回数は変わりません。しかしAGAの治療は、毛髪の毛周期の短縮を食い止めて、抜け毛を防ぐという治療で薄毛の予防をしていきます。そのため、毛周期の回数が多く残っている早い段階での治療が最も有効であり、将来的に薄毛になる可能性を低くしていくことができます。また、すでに薄毛が進行している場合は、これ以上の毛周期の短縮を阻止しつつ、発毛作用のある内服薬などを用いて、薄毛を解消していくことができます。ただし、生涯で決められた毛周期が完全に終わってしまっている場合は、現在の医療ではどんな治療をしても発毛をもたらすことはできません。

ポイントはハゲスイッチが入ると毛が抜け落ちる周期が1000〜2000日だったのが100日と1/10〜1/20の周期に短くなるということです。

さらに毛の生え変わる回数は限度があるということですね。。

防ぐことはできるの?

AGAの治療薬に含まれているのが有効成分フィナステリドです。
フィナステリドには2型5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。この有効成分フィナステリドが含まれている治療薬として有名なのがプロペシアです。

できます!

ハゲる前であれば薬を飲むことにより、毛の周期が短くなるのを防ぐことができます。
不毛の大地になる前であれば、守ることができますが一度毛根が死んでしまうと、、そこからのフサフサ復活は難しくなります。

薬じゃなくて食べ物とかで抑えたい

まとめ

生活習慣で薄くなったりもしますが、ハゲは遺伝が大きな影響を与えます。
原因は 5αリダクターゼ というものですが、これは両親どちらかが持っていれば遺伝します。
ただし、この5αリダクターゼ が活性化されるかどうかは母親方からの遺伝影響が大きいです。

つまり、実質母方の祖父がハゲていれば心の準備をしたほうがよさそうです。
髪には抜けるサイクルがあり、ハゲスイッチが入るとこのサイクルが100日と極端に短くなるためどんどん毛が抜け落ちて、生え変わり数には上限があるため、結果として毛根が死に毛が生えてこなくなります。

防ぐには薬もありますが、食品でも5αリダクターゼを阻害や抑制する働きがある食べ物があるので日常的にそれらの食べ物を取るようにしてください。
お金がかかりますが、どうしてもハゲたくな人は病院で5αリダクターゼを阻害する薬を処方してもらう手もあります。いわゆるAGAの治療になります。

いまはハゲるのを防ぐことができるので、頑張って髪の毛をまもっていきましょう。

失ってしまった毛根は戻らないので、本当に早め早めの対応が必要になってきます。
自分が将来ハゲやすいかどうかの診断は病院やネットで検査キットがあるのでそちらで確認してみてください。

have a nice hair, keep your looks.

1