1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

同性愛をカミングアウト…勝間和代さんに応援の声が相次いでいる

経済評論家(兼公認会計士)の勝間和代さんが同性愛をカミングアウトしました。

更新日: 2018年05月28日

21 お気に入り 159834 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

経済評論家(兼公認会計士)の勝間和代さんが同性愛をカミングアウトしました。

isaaccさん

○経済評論家の勝間和代さん

勝間和代(カツマー)とは、経済評論家(兼公認会計士)、中央大学ビジネススクール客員教授である。

株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。

ウォール・ストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき女性50人」選出

○若年層を中心に高い支持を受けている

少子化問題、若者の雇用問題、ワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上、など、幅広い分野で発言をしており、ネットリテラシーの高い若年層を中心に高い支持を受けている。

“女性性を売りにしない女”、“ガラパゴス諸島の山羊”、“平成のアンドロイド”、“ロジカルシンキングなドジママ”、“ネットとリアルを取りもった仲人”と称される。

Twitterのフォロワー61万人、FBページ購読者4万6000人、無料メルマガ4万7000部、有料メルマガ4000部などネット上で多くの支持者を獲得した。

○麻雀のプロ試験に合格したというニュースが話題を呼んだ

麻雀のプロ試験に合格したというニュースが話題を呼んだ経済評論家の勝間和代氏。

2015年1月、麻雀のプロ団体、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格。

2014年4月からは社会人競技麻雀リーグに参加してプロの指導を仰ぎ、9月にプロ試験を受けると決め、すき間時間に雀荘に訪問

○そして今回、同性愛をカミングアウトした勝間さん

あなたは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーら、LGBTの当事者からカミングアウトを受けたことはありますか?

思うままの人生に見える勝間だが、封印してきた思いがある。それが、同性に対する恋心だった。

恋愛に関する本も書いてきた勝間は、これまで自分の男女交際についてもオープンに語ってきた。しかし、女性との交際となると話が違った。

○勝間さんには3人の子どもがいる

学生結婚を含めて2度結婚と離婚を繰り返し、3人の子どもがいる。

発達障害を持っていることを公表している。子供時代より現在までADHDの症状をもち、軽度のADHDと診断を受けている。

それは、自由に、自分らしく生きられないということだ。カミング・アウトして、自由に、自分らしく生きる。愛する人と一緒に。

○このニュースはネットでも話題になっている

1 2