1. まとめトップ
  2. カラダ

水分を摂るとすぐに「尿意」を催してしまう理由ってなんなの?

水分を摂るとすぐに尿意を催してしまうという症状の原因と対処法についてご紹介します。

更新日: 2018年05月28日

35 お気に入り 53757 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■尿

尿(にょう、いばり)は、腎臓により生産される液体状の排泄物。血液中の水分や不要物、老廃物からなる。

血液が腎臓の糸球体を通過しているうちにろ過され,さらに尿細管を流れているうちに,身体に必要な糖,水分,電解質,ある種の塩類などは再吸収される。残りの有毒,不要なものが尿

健康診断では必ずといっていいほど尿検査が行われることからも分かるように、尿は健康を考える上での大切なバロメーター。

■このように大事な尿だが、水分を摂るとすぐにしたくなる…という時がある

飲み物を飲むとすぐトイレに行きたくなって困るため、意識的に水分の摂取を控える人もいる

大事な会議や商談の前などに、「ちょっと失礼」とW.C.へ駆け込む人も。「さっきも行かなかった?」なんて同僚に言われても、行っておかないと気が済まない

飲み物飲んでもすぐ尿になるから水分が身体に入ってる感じがしない

暑い→喉渇く→水分補給する→頻尿だからすぐトイレに行く さっきからずっとこれの無限ループ( ´ཫ` ) でも喉が渇くんじゃ〜

寝る前にちょっとお茶飲んだだけやのにもう5回もトイレ行ってる頻尿つらい…横になって眠気来た頃に毎回トイレ行きたくなってなかなか寝れなくなるしかし喉渇くからすぐ水分とりたくなってまた寝れないっていう悪循環…おそるべし頻尿!

水分補給してるけど補給した端からすぐおしっこに変わる私はどうしたらいいの(頻尿)

水は出来るだけ飲みたいんだけどさ仕事柄すぐにトイレに行けないんだ。そして体質的に水分がすぐ尿となって出てしまう。体に水分が留まらない。

■まず「水分摂取→尿」は健康の証拠だということを理解したい

水分補給をすることでトイレが近くなるというのは、体内の水分量を一定に保とうと、腎臓がきちんと働いている証拠ともいえる

とくに寒い時期には、飲み物をとるとすぐにトイレに行きたくなったり、短時間のうちに何度もトイレに行くケースもみられます

膀胱や尿の通り道が細菌に感染し、炎症を起こす膀胱炎、尿道炎、尿管炎、腎盂腎炎などが頻尿を引き起こします。また、膀胱の筋肉が過剰に活動する過活動膀胱でも頻尿が起こります。

さらに、尿道を圧迫する前立腺肥大や子宮筋腫、子宮脱なども頻尿の原因になる他、糖尿病や脳卒中、椎間板ヘルニアなどで排尿をコントロールする神経に障害が起こったときも、頻尿を引き起こします。

頻尿・残尿・尿漏れ・・・“三大不快尿”を引き起こす大きな原因は、ぼうこうが血流不足で“硬くなっていること”。

■以上以外にも「連想」で尿意が誘発されることも

水を飲む、あるいは水を見ることで、排尿を連想することによって誘発される尿意と考えられます。

水が流れる音に対し、脳が過敏に反応する傾向があります。これは、脳に「水の流れる音=排尿」というイメージが記憶されているから

排尿は、「自分は頻尿だ」、「水を飲むとすぐトイレに行きたくなる」、「トイレに行きたくなったらどうしよう」などと心配しすぎることでも誘発される

我慢できないほどの尿意切迫感を伴う『過活動膀胱』は、病気のひとつ。比較的若い方にも起こります

1 2