1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

写真集に歌声も…『この世界の片隅に』ヒロイン松本穂香に注目!

7月15日スタートのTBSドラマ「この世界の片隅に」でヒロインのすず役を務める女優・松本穂香さん。今後ますます注目が集まりそうな彼女についてまとめてみました。

更新日: 2018年07月22日

8 お気に入り 43189 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

『この世界の片隅に』が今夏、実写ドラマ化

2018年7月15日(日)に、ドラマ「この世界の片隅に」第1話が放送された。

初回放送を見た視聴者からは、「原作も映画も大事にするような制作側の熱が伝わってくる!」「1話から早速涙してしまった」と話題になっている。

戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に18歳で嫁いだ少女・すずが戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を描いた同作

当初は日本国内で63館でしか上映されていなかった『この世界の片隅に』は、口コミで評判が伝わって上映館が増え、世界中で公開されました。

興行収入も国内だけで26.4億円を達成

そんな注目ドラマの、ヒロインすず役を務める

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で、ヒロインが上京して工場で働いていたときの同僚・青天目澄子を演じた

おかっぱ頭にメガネ姿の大食い女子というインパクトの強い役を演じ、一躍注目された

すず役はオーディションで決定し、約3,000人の中からNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で青天目澄子を好演した松本穂香が選ばれた。

松本は「ドラマを観た方が、自分の大切なものはなんなのか、考えるきっかけになる作品になればと思います。すずさんのように明るく前向きに、精一杯楽しんでがんばります」と目を輝かせる。

お知らせです! 日曜劇場「この世界の片隅に」 浦野・北條すずを演じさせて頂くことになりました。 素敵なキャスト、スタッフの皆さんに囲まれて、今のわたしに出来ることを精一杯に!楽しんで頑張ります! 7月スタートです。ぜひお楽しみに!

彼女が歌う”わらべうた”収録のサントラもリリース

松本穂香×松坂桃李「この世界の片隅に」第1話ですずが歌ったわらべうた(久石譲作曲)がサントラに収録決定 music-book.jp/music/news/new… #久石譲 #松本穂香 #この世界の片隅に pic.twitter.com/jEhxrxplCG

この曲はドラマオリジナルの劇中歌で、久石譲が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和が作詞したもの。

“山の向こうへ”と名付けられ、誰もが口ずさめるメロディーになっている。

音楽といえば、過去に彼女が出演したミュージックビデオも魅力的

MVは、学校を舞台に“日曜日の学校”をテーマとしたカメラ部の女子とバスケ部の男子が登場する青春ラブストーリー。

1 2 3