1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

すごい光り方です

TER8さん

2017年のインドで起きた衝撃的な雷です

イタリア・トリノ 2017年6月5日

ブルガリア・プロヴディフ 2017年6月1日

「では、どうしてこんなに気象が変化してしまったのだろう」ということについては、明確な答えは出ていません。
イスラエルの記事で、それは、

「落雷は終末を示す」

というようなものです。

このイスラエルのメディアは、以前にも何度か取りあげたことのあるもので、基本的に「この世は終わりに近づいていて、その時に、救世主がやってくる」という概念をグリグリに確信しているという思想が中心にあるもので、それだけに「何が起きても終末に結びつける」というような部分はあります。

2017年5月28日 イングランド南部

昨年、12時間で 12万回の落雷が記録された、イギリスでは歴史的なものです。

そして、ちょうど1年後の5月27日にまたしても雷がイギリスで見舞われた!!

土曜の夜、イギリスの南部で4時間のうちに約15000回の落雷が記録されるという壮大な雷雨が発生 多くの人たちがその様子を撮影し話題に (bbc.com/news/uk-442693…) 動画はその中でも特に話題になっている 雷が地面から雲に昇る"雷樹"と呼ばれるものが撮影されたもの (facebook.com/ExtremeWeather…) pic.twitter.com/O8LVlyjyMZ

イギリス国内で起こった落雷は、イギリス気象庁によると「24時間で6万以上」とのこと。

6万4000回もの雷が発生し、大混乱となりました。空港を襲った思わぬ雷の被害。欠航が相次ぎ、乗客がロビーにあふれました。

ロンドンの夜空を走る紫色の稲妻。イギリスでは26日から27日にかけて、雷を伴った激しい嵐に襲われて各地で洪水や停電が発生しました。ロンドン郊外のスタンステッド空港では航空機への給油設備に雷が落ち、航空便に欠航や遅れが相次ぎました。27日の朝には設備は修理されましたが、遅れた便の乗客や欠航を知らない乗客が空港のロビーにあふれて大混乱となりました。一帯では6万4000回もの雷が発生したということです。

There’s a massive storm over Crowborough, East Sussex tonight. The #lightning is taking my breath away. pic.twitter.com/qKKijR97sx

この出来事にさすがのロンドンの人達も・・・

「ずっとロンドンで暮らしているがこんなのは初めてだ」
「窓辺で雷をずっと見ている人って他にいる?」
「寝なきゃいけないけど、寝てる場合じゃない」など、ロンドンやその近郊で見られたこの雷を楽しんだ人の声が多い。

【動画】イギリス南部にて「雷樹」 ・・・誰かが「宝具」を使用した模様ww yakyusoku.com/archives/16928 pic.twitter.com/ceb4ASiARG

【動画】赤いクラゲ?天空に向けて光る稲妻「スプライト」撮影成功!米国⚡  #空 #雷 #レア 本来ならば地上に落ちるはずの雷が、雲の上空に向かって放電する「スプライト」現象が24日、目撃された。 地上にいる私たちが立ち会えることはめったにない、ラッキーな瞬間だ!… hazardlab.jp/know/topics/de… pic.twitter.com/FuNMHRJF7e

1