「シャネル」2019-20年 クルーズ コレクションにて、ランウェイデビュー
世界的なブランドのランウェイを歩くことを、モデルとしての目標のひとつに掲げていたKōki,。そして2019年5月3日、ついにその夢が形となった。

カール・ラガーフェルド亡き後、その後任を託されたヴィルジニー・ヴィアールによるファーストコレクション。パリで開催された「シャネル」2019-20年 クルーズ コレクションにて、Kōki,がランウェイデビューを果たしたのだ。

今年に入ってパリのモデル事務所に所属したKōki,は、1月末にパリ、カンボン通りにある「シャネル」のスタジオにて単身オーディションに挑んだ。その後2カ月以上連絡がなかったものの、4月中旬、ついに次回のショーでのブッキングとの連絡が入ったそう。自らの手で夢への切符を手に入れ、世界中のジャーナリストや顧客の視線を一身に集めるなか、ホワイトのツイードジャケットとスカートをまとって登場。並み居るトップモデルに交じって自信に満ちた表情でウォーキングを披露した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

キムタク&静香次女Kōkiのすべて~インスタ、炎上、バッシングなどKOKI,まとめ

長年ネットや週刊誌で次女だけ姿を見せないからダウン症だといわれ続けていた、キムタク&静香の次女が念願のモデルデビューを果たしました。ダウン症と言っていたアンチはバッシングに必死。すでに凄まじい経済効果を生み出しているKOKI。これからどう羽ばたいていくのか追っていきたいと思います。

このまとめを見る