1. まとめトップ

iPhone SE2とiPhone SEの違いを比較!スペック・デザイン・変更点を徹底解説

iPhone史上で一番人気の機種はiPhone SEだ。後継モデルとして、今年はiPhone SE2が登場するそうだ。iPhone SE2はiPhone SEからどう変わるか?そこで、今回はスペック・デザインから、iPhone SE2とiPhone SEの違いを比較して、解説する!

更新日: 2018年06月28日

3 お気に入り 17099 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sennmonnkaさん

iPhone SEの後継モデルiPhone SE2が今年登場するとのこと!

先日の情報からも、ユーラシア経済連合の認証情報から、早くて5月中に、遅くても「6月」に開催されるWWDC2018で新型「iPhone」が発表されると予測されており、この新型「iPhone」が「iPhone SE2」になる可能性があるとされていました。

A10チップ、ワイヤレス充電、Face ID、iPhone X風のデザイン・・・・・
とにかく、今年のiPhone SE2が初代のiPhone SEから、一新される感じです。すごく注目されています。
そこで、次はiPhone SE2がiPhone SEからどう変化しますか?について、スペック・デザイン・価格などの方面から、詳しく解説します。

まずは、噂のiPhone SE2の新機能一覧ご紹介

インドのテック系サイトのTekz24は、iPhone SE 2のスペック情報を伝えています。スペック的には「iPhone 7」に近い感じですね。

そして気になるスペックは以下となっています。
● ベースはiPhone 7
● ディスプレイは4〜4.2インチ
● A10クアッドコアプロセッサ
● 2GBのメモリ(RAM)
● モデルは32GBと128GB
● メインカメラは1,200万画素(iPhone 7と同じ)
● FaceTimeカメラは500万画素(iPhone 6sと同じ)
● Face IDを搭載しベゼルレスディスプレイを搭載
● バッテリー容量は1,700mAh

早速ですが、次はiPhone SE2とiPhone SEの違いを比較して、詳しく解説します。

iPhone SE2とiPhone SEの違いを比較①、バッテリー&充電形式

全体的にマイナーアップデートに留まる可能性の高い「iPhone SE2」ですが、新機能としてQi規格のワイヤレス充電に対応するとの噂が多くなっています。

ワイヤレス充電を実現するためにバックパネルはアルミからガラスに変更する必要がありますが、「iPhone SE2」のものとされるガラスパネルがリークされ、ガラスボディを採用するという情報も複数あることから可能性は高いようです。

USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

iPhone SEのバッテリー容量は1,624mAhで、A9プロセッサによりエネルギー効率が50%以上改善され、iPhone 6sを上回る電池持ち。

出典iPhone SE2とiPhone SE 違いを比較して、スペック・デザイン・価格などの違い・変更点を解説〜

それに対して、 iPhone SE2のバッテリーは1700mAhで、iPhone SEから約80mAh増。iPhone SEは歴代iPhoneの中ではトップクラスのバッテリー駆動時間を実現している。

出典iPhone SE2とiPhone SE 違いを比較して、スペック・デザイン・価格などの違い・変更点を解説〜

iPhone SE2とiPhone SEの違いを比較②、Face ID&Touch ID

iPhone Xに搭載されているFace IDが採用!

「iPhone SE 2」と呼ばれるiPhone SE後継機に、顔認証のFace IDが搭載されるのか、Apple関連情報専門の米メディアAppleInsiderが考察しています。

iPhone SEでは、第一世代のTouch IDが搭載されている!

Touch IDと比べて、Face IDは以下のようなメリットがあります。

①、セキュリティ強度
全くの別人が認証をクリアする可能性の数値として、Touch ID : Face ID = 1/50,000 : 1/1,000,000と謳われており、Face IDの方がセキュリテイ強度は遥かに高い仕様となっています。ちなみに1/100万とは、宝くじを10枚買って一等が当たるくらいの確率です。

②、認証速度
さまざまな検証動画が公開されていて、今のところTouch ID(iPhone 7)の方が0.5秒程度高速と言われています。Touch ID同様Face IDも今後の高速化が期待できます。また現段階でもほんの1秒未満の差であり、コンマ秒単位で何かと戦っている方以外には充分に実用性の高い速度と言えます。

③、メモのロックなどもより快適に
標準メモアプリではそれぞれのメモを個別にロックすることができますが、その際にパスコード(Touch ID/Face ID)が必要。しかしFace IDなら、「メモを表示」をタップすると認証作業をすっ飛ばしてメモをロック/解除することができます。僕はこのメモロックをよく使うので、認証作業の工程が省かれとても快適になりました。

iPhone SE2とiPhone SEの違いを比較③、ディスプレイ&サイズ&重量

出典i0.wp.com

「ディスプレイ」部分の画像。
6.1インチになるかもしれません。

海外メディアによれば、iPhone SE2の画面サイズが4インチサイズながらベゼルレスの全面ディスプレイによりディスプレイサイズは拡大。60インチとなるかもしれません。

出典iPhone SE2とiPhone SE 違いを比較して、スペック・デザイン・価格などの違い・変更点を解説〜

「6.1インチ」のディスプレイサイズかどうか判然としませんが、少なくとも、「Touch ID」は搭載していないことは確認することができます。同サイトによると、Mr.White氏によるTwitterから判明したとしています。

・4インチ
・Retinaディスプレイ
・1,136 x 640ピクセル解像度、326ppi
・重量:113 g

1 2