ネットを騒がす「iPhone新機能」のウワサ【iOS12】

6月に登場すると言われている「iOS12」ですが、つくかもしれない新機能が超便利と話題になっています。iPhoneが「カギ」になってしまう機能や、決済機能の拡張、Face IDのアップデートなど…どうなるのかいまから楽しみです。

更新日: 2018年05月31日

66 お気に入り 271127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

6月に発表予定の「iOS 12」

会議の開催期間が6月4日から8日と正式に発表されたことにより、各メディアは発表内容の予想を相次いで報じている

なかでも、ネットを騒がせている新機能の予想をピックアップ!

iPhoneで施錠ができるように!?

「iOS 12」からドアの鍵(ロック)を解除する機能を追加する予定だと海外メディア『The Information』が報じています

iOS 12 va enfin débrider la puce #NFC des #iPhone pour leur permettre de servir de ticket de métro et de clé de voiture ! #iOS12 #Apple phonandroid.com/nfc-iphone-ios… pic.twitter.com/gyRKBTNR5w

するとしたらこんな風に…?

iOS 12ではNFC機能が拡張され、普通にドアノブなどにタップするだけで解錠できるとしています

「NFC機能」とはモバイルSuicaやおサイフケータイで使われてる、ワンタッチで情報をやり取りする機能。

オフィスのドア、車のドアなどの鍵をiPhoneをかざすだけでアンロックできるようになります

ホテルのルームキー代わりとして利用できることが予想されている。

さらに"支払い"がもっと便利になる?

【これまでは・・・】
アップルはiOSを保護し、不当なアクセスからデバイスを守ることを優先していた

【今後は・・・】
iPhone 6以降に搭載されている近距離無線通信(NFC)チップの制約を緩和して、一部のサードパーティ開発者にもアクセス可能になるとのうわさ

もし制約が緩和されると、開発者がApple Pay以外の決済アプリを開発できるように。

PASMOやICOCAといった、Suica以外の交通系ICカードとして利用できるようになる日も近い?

例えばJR西日本が決済アプリを開発すれば、iPhoneでICOCAが使える。

細かなアップデートの予想もあって…

現在のiOS 11ではiPhone Xを縦にした状態でしかロック解除できませんが、次期iOS 12では本体を横にしていても可能になるとされています

「Indoor Maps」、つまり屋内地図だ。既に現行のApple Mapsでも一部建物については屋内地図が実装されているが、今後これをさらに強化していく

地下に入ってGPSが使えなくなってもたどり着けるようにしていくという。

ダイバーシティ(多様性)への配慮がさらに進み、髪型も「赤髪」「カーリーヘア」「スキンヘッド」などが加えられています

動物の種類も大幅に増えており、「カバ」「カンガルー」「アナグマ」「ハクチョウ」「クジャク」「オウム」「ロブスター」「蚊」「微生物」「テディベア」などが仲間入り

1