1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マライア⁉…久々に見た歌姫『アヴリル』がふっくらしてた件

2000年代を代表するカナダ出身のシンガーソングライター、アヴリル・ラヴィーン。今年に入って公の場に登場したり新恋人と噂される相手デート報道など、彼女のことを目にする機会が増えましたが、見た人からはイメージ変わったとの声も聞かれます。

更新日: 2018年05月31日

10 お気に入り 121466 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

2000年代を代表する女性シンガーソングライター

1984年9月27日、カナダ・オンタリオ州ベルヴィルの出身の女性シンガー・ソングライター。

2002年、デビューアルバム『Let Go』が全世界で約1,700万枚を売り上げ、アメリカでは6回プラチナディスクに選ばれる。

2枚目のアルバム『Under My Skin』、3枚目の『The Best Damn Thing』は両方ともBillboard 200で1位にランク。

カナディアン・ビジネス誌は「アメリカ合衆国で活躍する最もパワフルなカナダ人ベスト7」に彼女を選出している。

私生活では、2度の結婚・離婚を経験

2013年から2015年まではニッケルバックのチャド・クルーガーと結婚していた。

闘病などで表舞台から遠ざかっていた彼女

2013年にアルバム『アヴリル・ラヴィーン』を発売してから、ライム病との闘病などで表舞台から遠ざかっていたシンガーのアヴリル・ラヴィーン。

現地時間4月20日に多発性硬化症患者を支援する財団「レース・トゥ・イレース・MS」のパーティーに出席

最近では、新恋人との交際も報じられています

現在33歳となった歌手のアヴリル・ラヴィーン。交際中と噂されていた新恋人との手つなぎデートが、ロサンゼルスの高級住宅街ベル・エアでキャッチされた。

そのお相手はテキサスの実業家フェイズ・サロフィムの息子、フィリップ・サロフィム

彼らの関係はまだ始まったばかりで、出会いのきっかけは今年初めに開催されたディナーパーティとのこと。

友人を通して知り合ったふたりはすっかり意気投合、以来お互いの家を行き来し、デートを重ねているという。

そして、彼女の交際ショットに驚きの声も

これまでも、衝撃の劣化を見せた海外タレントはいたが、日本でも同世代にファンの多かった彼女の最新ショットには悲鳴にも似た驚きの声があがっている。

アヴリルと知らされなかったら『この中年太りのオバサンはだれ?』という印象

ネット上にも「ほんとにアヴリル!?」「マライアかと思った」「あんなにカッコよかったのに」「なんか青春の思い出が壊される感じ」など、彼女の現状を受け入れられないという声が多数。

そんな彼女、近々、新作リリース間近とも

1 2