1. まとめトップ

美肌の大敵!何はなくとも紫外線対策

少なからず紫外線が肌に影響を与えてしまっていることはほとんどの人が認識していると思います。だけど「紫外線の何がどう悪いの?」「正しい紫外線対策って?」と疑問を感じているのでは?ここでは、紫外線が肌に与える影響から正しい紫外線対策までを紹介!気になる方はぜひ、チェックしてください。

更新日: 2018年06月04日

2 お気に入り 2576 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

紫外線が肌に与える影響と紫外線対策についてまとめていきます。これから始まる夏に向けて対策をしていきたいと考えている方はぜひチェックしてください。

higa_mitsuさん

そもそも紫外線って…?

紫外線とは私たちが生活する地球に降り注ぐ太陽光のうち
「波長が長く、エネルギーの高い光」のことです。

そんな紫外線は「UV-A波」「UV-B波」「UV-C波」の3種類に分けられますが
そのうちUV-A波、UV-B波しか日常的に降り注いでいません。

UV-A波はUV-B波ほど体に害はないと言われていますが、長時間浴びてしまうと
肌の細胞を傷つけてしまい肌荒れやシミといった原因になってしまいます。

一方、UV-B波は皮膚の表面に直接届くため、皮膚や目に有害な性質。
日焼けをおこしたり、酷いケースのときは皮膚がんの原因になってしまうそうです。

どの波長も肌に悪影響を与えてしまい、肌の老化を加速させてしまうので
注意と同様に対策をしなければならないのです。

紫外線を浴び続けた人たち

4日間炎天下の中遊んでたから日焼けした顎は紫外線のせいか化粧のせいか白いプツプツができてる

日焼けをするとできがちな白いプツプツ…
意外と治りも遅いものが多く、できるだけ避けたい症状の1つですよね。

今日は天気が良かったので自転車で通勤しました会社に到着するとなにやらおでこがヒリヒリします自転車に乗ってると前髪が上がるため日焼けしたようです外を歩く際は紫外線対策が必要ですね

冒頭の方でも言いましたが、日焼けは肌の老化に拍車をかけます。
外を歩くときはしっかりと対策をするようにしておきたいところですね。

紫外線アレルギーになったかもしれない???日焼けしたところがかゆい。

人によっては日焼けしてしまった箇所がかゆくなり
病院で「紫外線アレルギー」と診断される人もいるようです。
「日焼けってかゆくなるもんでしょ」と放っておくことで、
より肌の老化を早めてしまうかもしれません。
日焼けをして肌にちょっとでも違和感を感じるようなら
まずは病院で診てもらうことをおすすめします。

外に出て日焼けをしたという人のなかに…

以下のように「室内にいたのに、日焼けした」という人がいます。

一日中室内におったのに日焼けしたみたいに顔が熱い室内にいても紫外線を吸収してしまう私おわっとる

「最近日焼けした?」って言われるけど室内でいつも仕事してるのになぜだ?

室内でバスケしたのに日焼けしたとはなにごとじゃい

実は紫外線はガラスやカーテンをすり抜けてしまう特徴があります。
そのため「室内にいるから大丈夫」ということはないんです。

直射日光の当たる屋外の紫外線照射量を100%とした場合、日の当たる窓辺で約80%、日の当たらない室内でも約10%が入り込んでいるそうです。

とくにUV-A波がガラスやカーテンを遮ってくるので、室内にいたとしても
安心せずに紫外線対策をしなければならないのです。

日焼けをするのは夏だけではない

「紫外線」「日焼け」という単語を聞くと、夏をイメージしませんか?

しかし、紫外線は夏場だけではなく年中降り注いでいるものです。
「寒いから日焼けしない」なんてことはないので、冬でもしっかりと対策をしましょう。

正しい紫外線対策まとめ

紫外線について知識を得たあとは正しい紫外線対策について紹介していきます。
美肌を手に入れるためにも、今日から私生活に取り入れてみてください。

1.日焼け止めを塗る

紫外線対策をするうえで、1番重要なのが日焼け止めです。
日焼け止めは使う場面に合わせて、SPFやPAを選ぶのがポイント!

因みにSPFとPAは以下のような意味です。

■SPF(Sun Protection Factor)
SPF値は、肌を赤くしてしまうといわれる紫外線の一種「UV-B」を防ぐ力の大きさを表します。
日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が赤くなるまでの時間を何倍に延ばせるかを数値にしたものです。

SPF1=約20分、UV-Bの影響を受けにくくするといわれています。
例えばSPF25の日焼け止めの場合、理論上、【20×25=500分=8時間20分】肌が赤くなることを防ぎます。

■PA(Protection grade of UV-A)
PA値は、肌をすぐに黒くしてしまう紫外線の一種「UV-A」を防ぐ力の大きさを表します。

日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかによって4つに分類されます。
PA+~PA++++までの4段階で、+が多いほどUV-Aを防ぐことが期待できます。

これらのことを抑えたうえで、日焼け止めは選んで塗る必要があります。
「取りあえず塗っておく」ことも大切ですが、美肌を意識している方は
ぜひ意識して選んでみてくださいね。

しかし、様々なメーカーから販売されている日焼け止め。
どれがいいのか悩んじゃいますよね。そんなときは口コミを見てみたり
店員さんに相談してみるといいでしょう。

塗り方も大切なポイントになってきますので、以下の動画を参考にしてください。

どんなに対策をしていても、日焼け止めを塗っていないと
対策はほとんど効果はないので、日焼け止めは忘れないようしましょう。

2.洋服選びも注意する

最近からはUVをカットしてくれる素材でできた洋服があります。

紫外線防御に対する意識が強いオーストラリアやニュージーランドでは、独自に「日焼け止め防止衣料の評価と分類」が制定され、UPF(ウルトラバイオレット・プロテクション・ファクター)としてその効果を数値で表し、衣服購入の際の1つの目安になっています。

1 2