1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「思春期・若年がん年間2万人」という研究発表に色々な声

国立がんセンターより思春期・若年でがんと診断される人の数が2万人になるという発表がなされました。このニュースに対して色々な声が出ています。

更新日: 2018年05月31日

31 お気に入り 48971 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ガン疾患

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍

がんが発症するには、加齢をはじめ、喫煙や過剰な飲酒、ストレス、栄養不足、睡眠不足、環境汚染、ウィルス感染など、さまざまな要因が長年にわたって蓄積することが影響している

がんは日本人の死因の1位で、その割合は年々増加しています。また、発見が遅れるほど治る確率は低くなり、早めに治療をしても再発する可能性もある

がんは、遺伝子が傷つくことによって起こる病気です。がんという病気自体が人から人に感染することはありません。

脳卒中を抜き、がんが死因の1位になったのは1981年。その後、がんの罹患数、死亡数ともに年々増え続けている。死亡数は、30年で2倍以上にも膨れ上がった

■そのがんの中で「思春期・若年期」に発症するケースがある

みなさんは「AYA(あや)世代」という言葉を聞いたことがありますか?AYAとは、「Adolescent and Young Adult(思春期や若年成人)」の略で、一般的に15歳から39歳ぐらいまでの年齢層の人を指しています。

今、AYA世代のがん患者は2万人以上いると推計され、この世代の患者をどう支援するかが課題になっています。

がんにかかると闘病やリハビリ生活が進学、就労、結婚などと重なることが多い。小児と中高年層のはざまで、治療や支援体制などの遅れが指摘されていた

学校生活や就職活動に励み、恋愛や友人との付き合いを楽しむ中、「がん」という病気をかかえ、将来に対する不安や孤独を感じている人も少なくありません

まだ若い自分がなぜ…と、現実を受け入れることができなかったといいます。「あまりにもショックで病院で倒れてしまいました。これから結婚や仕事がどうなっていくのか不安がよぎりました」

四十歳以上の末期がん患者は、介護保険により、訪問介護、入浴介助、福祉用具貸与などのサービスを一割負担で受けられるが、AYA世代は対象外

■国立がん研究センターより、思春期・若年がんと診断される患者数の発表を行われた

国立がん研究センターは29日、15~39歳の思春期・若年世代でがんと診断される人の数は年間2万1400人に上るとの推計結果を発表

国立がん研究センターが2009年から11年までの27府県のデータを分析

■30代は「乳がん」が最も多かった

30代は乳がんが最も多く、20代は精巣がん・卵巣がん、15歳~19歳は白血病が最も多くなっています。

小児に多いがんと、中高年に多いがんは異なる。15歳以上では、若いほど小児に多いがんが目立ち、年齢が上がるにつれ中高年に多いがんが増える

国立がん研究センターは、「AYA世代は小児と成人の谷間で、がん対策の遅れが指摘されてきた。今回の推計は対策のベースとなる」としています。

■思春期・若年がんに対する対応が求められている

1 2