1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼数々のヒット曲を残してきた

2007年にシングル「ONE WAY」でメジャー・デビュー。翌年、SoulJaとのコラボ・シングル「そばにいるね」がブレイクし、一躍人気アーティストへ。

昨年デビュー10周年を迎え、自身のアイデンティティを惜しげなく発信するそのキャラクターで絶大なフォロワーを獲得している青山テルマ。

キュートな容姿を備えつつ、鮮明かつパワフル、そして感情豊かな歌声を絶妙にコントロールする。実力派シンガー。

また、ファッションやアートなどの分野でも高い支持を集める。

そんな青山テルマが新曲を発表

8枚目となるオリジナルアルバム『HIGHSCHOOL GAL』(7月25日リリース)から現在配信中の先行リードトラック「世界の中心~We are the world~」。

「パラパラ最近聴かないな。。」とふと思い、パラパラをリバイバルする形で作ろうと思ったのが「世界の中心~We are the world~」です。

青山さんは「元ギャルの友達が周りにいて、芯も通っているし、筋も通っている。普通の人よりもしっかりしているイメージがあるので一緒にいて楽」と若い頃から「ギャル精神」が好きだったと言う。

いい意味で曲も詞もダサいものにしたかった。パラパラをやって、中途半端にカッコ良くしたり青山テルマ色を出したとしても、それこそダサくなると思ったんです。

MVも見ごたえ抜群の映像となっている

青山テルマ - 世界の中心~We are the world~ (Music Video) youtu.be/HeHf5BZbNOc @YouTubeより なんかうれしいw なんでだろw パラパラ なんか うれしいwww

渋谷で活動している現役ギャルとeggモデルを集結させ、一緒にパラパラを踊るというハッピーなミュージックビデオを作り上げている。

渋谷のシンボル・スポット“109”エントランス前で撮影されたパラパラ・ダンス・シーンは圧巻。

ミニスカに厚底、チェックのスカートにルーズソックスなど数パターンのギャルファッションに身を包んだ青山さんが、「うちらのアイドル永遠NAMIE」「チョベリグ~」「マイミクよろぴ~!」など懐かしいフレーズを織り交ぜながら濃いめのギャルたちとパラパラを披露。

“小力パラパラ”で一世を風靡した長州小力、“オーバーアクションウサギ”として韓国の若年層に圧倒的認知度を誇るキャラクター「すこぶる動くウサギ」も登場。

さらに「電波少年」シリーズのパロディーやダンスダンスレボリューション、300円プリクラなど平成を象徴する文化も盛り込んだ懐かしいものに仕上がっています。

青山テルマさんの新曲 「世界の中心~We are the world~」が控えめに言って最高。 youtu.be/HeHf5BZbNOc テルマが「とりまうちらが世界の中心⤴⤴」って歌ってる。COOLすぎてやば。 pic.twitter.com/Dp7Q0scsLh

>RT 先日、マツコの知らない世界で、パラパラはまたブームがくるって話してる人もいたし、青山テルマの目の付け所は間違っちゃいないのかも。

安室奈美恵の『a walk in the park』MVでの衣装に似ていると話題になっている。また、歌詞の中には「うちらのアイドル永遠NAMIE」というフレーズも。

▼そもそもパラパラって?ユーロビートって?

1 2