1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『義母と娘のブルース』に『ヒモメン』も!夏ドラマは多様な「男女関係」に注目

2018年7月期夏ドラマには、カップルから夫婦まで、様々な「男女関係」が描かれる。綾瀬はるか×竹野内豊『義母と娘のブルース』、石原さとみ×峯田和伸『高嶺の花』、窪田正孝×川口春奈『ヒモメン』、山田杏奈×上杉柊平『幸色のワンルーム』、松本穂香×松坂桃李『この世界の片隅に』。

更新日: 2018年09月26日

42 お気に入り 176806 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

娘を持つ男性とキャリアウーマンの再婚物語

◆『義母と娘のブルース』(火曜夜10時、TBS)

[映画ニュース] 綾瀬はるか、竹野内豊と夫婦役!4コマ漫画「義母と娘のブルース」ドラマ化 eiga.com/l/837HS pic.twitter.com/jpAOMjBbmr

桜沢鈴による4コママンガ「義母と娘のブルース」が綾瀬はるか主演でドラマ化。7月よりTBS系にて放送開始となる。

綾瀬演じるキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性と結婚し、家事や育児に奮闘する日々を描いた10年の物語。

結婚相手のサラリーマンに「もう一度君に、プロポーズ」以来、TBSの連ドラは6年ぶりとなる竹野内豊がふんする。

脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『白夜行』(2006年)、『JIN-仁-』(2009年、2011年)など綾瀬とのタッグでもおなじみの森下佳子氏が担当する。

完璧すぎる女性と平凡な男の格差恋愛

◆『高嶺の花』(水曜夜10時、日本テレビ)

峯田和伸が“高嶺の花”石原さとみと恋に落ちる、日テレ新ドラマに出演決定(コメントあり) natalie.mu/music/news/283… pic.twitter.com/L0VneQYw77

日本テレビ系7月スタートの新水曜ドラマが、石原さとみ主演の「高嶺の花」(毎週水曜夜10:00-11:00)に決定。また、共演には銀杏BOYZ・峯田和伸。

本作は、『高校教師』や『101回目のプロポーズ』など多くの話題作を手がけてきた脚本家・野島伸司の最新作。抜群のルックスと圧倒的な才能を持つ華道家と、平凡な自転車店店主の運命の恋を描く純愛エンターテインメントだ。

石原さとみが、華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌、キャリア、財力、圧倒的な才能まですべてを持ち合わせた“高嶺の花”・月島ももを演じる。

峯田が演じるのは、婚約者の二股発覚、式当日の結婚破談という最悪の事態に見舞われて一気に自信喪失したももの前に偶然現れる平凡な自転車店主の風間直人。風間は優しく穏やかだがほかに何も取り柄がない男で、2人はまさかの“運命の恋”に落ちていく。

ヒモ男と看護師カップルの社会派コメディ

◆『ヒモメン』(土曜夜11時15分、テレビ朝日)

鴻池剛「ヒモメン」がTVドラマ化、窪田正孝が川口春奈の“ヒモ”になる(コメントあり) natalie.mu/comic/news/284… pic.twitter.com/63hwcvm6vz

窪田正孝が、7月にスタートする新ドラマ「ヒモメン」(テレビ朝日系)に主演することが決定し、川口春奈ふんする看護師と同棲する“ヒモ男”を演じることが明らかになった。

本作は、鴻池剛のコミック『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』(KADOKAWA)を原作に、働かないことに全力を尽くすヒモ男と、彼を更生させようと奮闘するヒロインの姿を描いた社会派コメディ。

窪田は、定職につかず実家を追い出されてしまった主人公・翔を演じ、彼と成り行きで同棲することになる看護師・ゆり子役には川口が扮する。

両親の虐待から救われた少女と誘拐男の不思議な関係

◆『幸色のワンルーム』(日曜夜11時35分、朝日放送テレビ)

山田杏奈と上杉柊平が“被害者と誘拐犯”に、実写ドラマ「幸色のワンルーム」出演(コメントあり / 写真10枚) natalie.mu/eiga/news/2840… pic.twitter.com/wB6FkDWEbL

山田杏奈が、7月から始まる新ドラマ「幸色のワンルーム」(朝日放送)でドラマ初主演。

本作は、Webコミック誌「ガンガンpixiv」で連載され話題を呼び、累計閲覧数2億8000万を突破したはくり氏による同名コミックの実写ドラマ化。

両親からの虐待と学校でのイジメを受けていた少女と、彼女を誘拐した青年が同居することから始まる日常生活と不思議な関係性を、オリジナルストーリーも絡めて描いていく。

誘拐犯の青年にふんするのは、ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」や映画『リバーズ・エッジ』などの上杉柊平。また、2人の生活に大きな影響を与えるクセのある登場人物を演じるのは、木下ほうか、雛形あきこ、戸塚純貴、わたなべ麻衣ら。

1 2