1. まとめトップ

30プリウスで、外気温28℃の初夏にエアコン入れて燃費はどうなるか試してみた

30プリウスの燃費調査の1つとして、13km先にあるホームセンターまでエアコン入れて走ると燃費がどうなるのかを試してみました。

更新日: 2018年06月16日

0 お気に入り 88 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

30プリウスをTバリューで買ってしまったスマホころがし太郎です。

■冬場ハイブリッドカーは燃費が悪化する

冬の寒い時期、プリウスに乗ってエアコン入れるとエンジン始動してしまい、燃費が悪化します。

でも、外気温が高いと走りやすいという説があります。

■そこで今回のまとめテーマでは

梅雨入りがニュースで報道された翌々日の6月になった晴れた日の午後に、コールドスタートをして福岡市から郊外のお店まで買い物へ行く時に、走行距離が〇kmくらいでは燃費計はこんな数字を示していた! という走行距離と燃費の相関図をまとめていきます。

■外気温28℃くらい

出発する前14時57分頃、福岡市内は26℃、湿度61%だとスマホに表示されていました。

■ラジエターグリル塞ぎ

昨年11月に行ったラジエターグリル塞ぎのままです。ちなみ今は6月ですが、真夏ではないのでそのままの状態です。

■ターゲットは、13km先のホームセンター

今回、金曜日の午後15時に出発し、13km先のホームセンターへ買い物に行く時の燃費の変化記録です。いつもと同じお店にしてあります。

■空気圧

今回測定するのは忘れてしまいました。

■往きの燃費記録

屋根付き月極駐車場内に1晩駐車していたので、コールドスタートになります。乗り込んだ時には、23℃となっていました。

トリップメーターBをこれからリセットしてゼロにしていきます。

トリップメーターBをリセットしました。

プリウスの温度計では外気温23℃となっていますが、屋根付き月極駐車場は赤外線通過できないので、真夏でも車内は外気温よりちょい低いくらいだったりします。設定温度は25℃に。

プリウスを月極駐車場から出発し、100m先の信号機では、
5,9km/Lと燃費が表示されていました。

0,3km走行後の燃費は、信号機が赤で停止した時に
7,4km/Lと表示されていました。

0,3km走行後の燃費は、
9,0km/Lと表示されていました。
前回信号機で停止してから、300mでまた信号にかかりました。

0,8km走行後の燃費は、
10,6km/Lと表示されていました。

1,2km走行後の燃費は、
13,1km/Lと表示されていました。

2,4km走行後の燃費は、
17,6km/Lと表示されていました。

2,8km走行後の燃費は、
18,5km/Lと表示されていました。

3,2km走行後の燃費は、
19,0km/Lと表示されていました。

4,2km走行後の燃費は、
20,6km/Lと表示されていました。

4,9km走行後の燃費は、
21,8km/Lと表示されていました。

エアコンパネルは、外気温25℃、設定温度25℃と表示されていましたが、外は天気良いのでまぶしい感じでした。

6,5km走行後の燃費は、
22,7km/Lと表示されていました。

7,5km走行後の燃費は、
23,2km/Lと表示されていました。

1 2 3 4