1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

霧島神宮

霧島神宮 1484年にこの地創建し、火災等により現在の社殿は1715年に再建されたものです。 pic.twitter.com/QB3JzBCOyd

霧島町中央部。神代の創建という古社。噴火によって何度か移転されている。老杉が茂り荘厳な雰囲気。6 世紀に造られ、ニニギノミコトを祀っている。

天照大神は孫であるニニギノミコトにこの国を治めよと命令した。ニニギノミコトは三種の神器を譲り受け、7 人のお供の神と1 人の道案内の神と共に高千穂の峰に降りたという天孫降臨の神話に由来する。

先日、西郷どんのオープニングで おなじみの霧島神宮へ参拝してきました。 厳かで心洗われる場所だなぁ。 #西郷どん pic.twitter.com/zsXRHz1nVf

霧島温泉郷の丸尾からバスに乗って、霧島神宮にやって来ました。霧島神宮駅は何度も通ったことがありますが、ここに訪れたのは初めて。 pic.twitter.com/pxYNBB4BQO

仙巌園

万治元年(1658)に19代島津光久が築いた島津家の別邸。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた、敷地面積約1万5千坪の大名庭園。

園内には、ガス灯の点灯に成功した鶴灯籠や日本で初めて伝わったとされる孟宗竹の竹林、世界遺産の構成資産である反射炉跡などがあり、歴史を感じさせるスポットが多数。

時間がないからと 仙巌園は超急ぎで 見学したから 堪能できなかったよ pic.twitter.com/eVulVzjoYd

鹿児島県鹿児島市 「仙巌園」 江戸時代初期に作られた別邸跡とその庭園。 錦江湾や桜島を庭園の景観に取り入れた設計で、雄大な景色が楽しめることが魅力! 鹿児島の歴史や文化、自然を満喫できるスポットです! pic.twitter.com/YHtMgfGRVV

大川の滝

数ある屋久島の滝の中でも最大規模で、島の西側、堆積岩で形成された照葉樹林の中の崖を流れ落ちる88mの滝。水量が多く幅も広い。

「日本の滝100選」。屋久島では河、川のことを「ごう」、「こ」といい、大川(おおかわ)の下流にあることから大川(おおこ)の滝と呼ばれるようになった。

大川の滝も朝早くて自分たちだけしか居なかったから独占状態で本当に最高の雰囲気だった。今思えばここが解散場所だったのは中々 (_ _) pic.twitter.com/x8aOPmSXAt

白谷雲水峡

屋久島の白谷雲水峡、5時間登山コースに行ってきました。太鼓岩まで踏破したぞ。往路は晴れの深緑、復路は霧の森を拝めて二倍楽しめました!ヤッター!当面は太古の森の背景資料に困ることはなさそう。 pic.twitter.com/wfaQ0mbaJs

白谷雲水峡は宮之浦川の支流、白谷川の上流にある面積423.73ヘクタールの自然休養林で、宮之浦から約12キロメートル、標高620メートルのところに入口があります。

1 2