1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

▼コカ・コーラが遂に透明炭酸のカテゴリーに参入した

まとめ更新しました! お料理まとめったーあんてな : 透明コーラ発売きたあ!!! cooking.blogism.jp/archives/95160… pic.twitter.com/la39JcHxd7

コカ・コーラシステムは、カロリーゼロの透明炭酸飲料『コカ・コーラ クリア』を6月11日(月)より発売。

仕事の合間やスポーツの後など、コーラを飲む機会が少なかったシーンでも気軽に飲める飲料として提案する。

見た目はラベルがなければ、まるでボトル入りミネラルウォーターのよう。ゼロカロリーなので、水分を必要とする夏場に「ガブ飲み」して、爽快感を味わえそうだ。

▼味はレモン風味

日本国内でのみ販売する。コカ・コーラ独特の黒色を出すために欠かせないカラメルを抜き、レモンの風味などを加えてコカ・コーラの味を維持した。

実際に飲んでみると、コーラの風味は感じるものの、通常商品よりもすっきりとした味わいだった。開発の過程では、「味の調整に苦労した」(石井氏)という。

コカ・コーラ独特の色はカラメル色素によるものだが、液を透明にしようとすると、その成分を使用できない。コーラと相性がいいレモン果汁も加え、さっぱりとした味に仕上げた。

▼透明化を実現するために試行錯誤を繰り返したという

「コカ・コーラ クリア」は、長い歴史を持つ「コカ・コーラ」のこれまでになかった挑戦で、日本で企画、米国本社で開発された新製品。

味、甘さ、酸味、刺激などの絶妙なバランスが必要なため、さまざまな原材料、フレーバーを吟味したとのこと。

調整と試飲を重ね、50種類以上のサンプルを作り、最終的にはレモン果汁を加えて完成したそうです。

▼パッケージはわかりやすいように透明素材を使用

透明炭酸飲料であることが一目でわかるように、コカ・コーラらしく赤を基調に、パッケージのラベルに透明素材を採用。液色、パッケージ素材、ラベルのすべてが無色透明で、夏らしいデザインとした。

日本コカ・コーラの広報担当者は、『コカ・コーラ』ブランドの新しい選択肢のひとつとして楽しんでもらいたい考えを語りました。

▼このコカ・コーラの参入により、透明の炭酸水市場は競争が激化しそうだ

2017年3月にはトクホの「コカ・コーラ プラス」、2018年1月にはももフレーバーの「コカ・コーラ ピーチ」、

4月には凍らせて揉んで飲む「コカ・コーラ フローズン レモン」と、立て続けに革新的な新製品を日本に送り出してきたコカ・コーラ。

普段、炭酸を飲まない女性層や仕事中の人などへの売り込みを図る狙い。透明の炭酸水の市場はこの5年で4割ほど伸びていて、競争がさらに激しくなりそうだ。

●Twitter上では、まさかのコーラの透明化に驚きの声

透明なコカ・コーラ?もう、私の知ってるコーラじゃないw

1 2