1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

梅雨時期に多く発生!10年使用の劣化した扇風機の火災に注意喚起

梅雨の時期に入って、暑くなり扇風機やエアコンが必須ですが、これからの時期は経年劣化等による火災に注意

更新日: 2018年06月02日

11 お気に入り 19388 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

劣化した扇風機やエアコンの発火に注意

naokana135さん

暑くなる夏に必須アイテムの「扇風機」や「エアコン」

◇毎年、6月~8月は扇風機やエアコンの火災事故が多く発生している

毎年、6月~8月は、古い扇風機の部品劣化や、エアコンの電源コードの不適切な接続などによる火災などの事故が多く発生しています。

◇長年の使用で経年劣化による発火の恐れがある

2011〜16年度に扇風機やエアコンによる事故は計687件あり、7割近い463件が火災につながった。

扇風機による火災は116件。15年度までの5年間に限ると90件で、56件が6〜8月に集中した。

◇扇風機の火災事故は、製造から10年以上経っている製品で多く発生

長年使った扇風機は電気配線やコンデンサーなどの部品が劣化して発熱し、機器の樹脂が燃え始めるという。

◇扇風機とエアコンの事故事例

扇風機の事故事例
約38年の長期使用によって、モーターの部品が劣化してスパークが発生し、扇風機と周辺を焼損したと考えられる。

エアコンの事故事例
家人不在時にエアコンから発火し周辺を焼損した。エアコン洗浄時に内部のモーターに洗浄液が付着したため、トラッキング現象が発生し、発火に至ったと考えられる。

使用する前に扇風機やエアコンに異常がないかを確認しましょう

首振りの動きが鈍かったり異音がしたりすると、火災につながる恐れがあるという。松田消防司令は「使用年数は10年がめど。異変に気付いたら使用をやめるべきだ」と力を込める。

1