1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

▼今、落ち込んではないですか?

毎日一生懸命、人と関わって、社会で生きて、未来のことを考えて。したいことだけして暮らしていけるわけではないですから、落ち込んだことのない人なんていないはず!

▼誰でも深く落ち込んでしまうことはあります

人生に失敗はつきものです。失敗や挫折、人間関係のトラブルなど、生きていれば落ち込むことだらけです。

落ち込んだ時の立ち直り方というのは人それぞれ。もちろん、落ち込んだ理由にもよりますが、立ち直りの早い人、遅い人というのは存在しますよね。

だけど、そうは言っても落ち込んでいるときは辛いもの。出来ることならば避けたいし、避けられないのならば、せめてすぐに元気になりたいものです。

◆そこで、落ち込んでしまったときに意識してほしい考え方を紹介します

★自分を好きになる

人に愛されていない感じる時は、自分が自分を愛していない時です。人に大切にされていないと心を砕くのではなく、自分が自分を大切にすることで、人に大切にされていたことに気づきます。

また、自分を好きになると、人間関係の悩みが減ります。なぜなら、自分を大切にできるようになるため、嫌な人と距離を置けたり、自分の言いたいことを言ったりできるようになるためです。

あなたが考えるほど「自分嫌い」から抜け出すなんて、そう複雑難解ではないのです。自分を好きになれば、今まで色あせていた世界が明るく楽しく色づき始めるのは間違いありません。

★自分優先で考える

落ち込んでいる時は、他人に愛想笑いをしたり他人の相談に乗ったりする気力はございません。自分が落ち込んでいるのに、相手を励ましたり、人に気を使ったりなんて疲れてしまいますよね。 落ち込んでいる期間は、『とにかく自分優先で過ごす』これが大切です。

失敗したり、後悔したりすることがたくさんあると思います。でも、その選択は、その時の自分がいいと思って選んだ道です。必ず意味があります。「自分だけは自分の味方」こんな心強いことはないと思いませんか?

自分を評価するのは自分であると割り切って、みんなから好かれたい、良く思われたいという気持ちを改善してみましょう。どんな自分でいたいのか、目標をたてることで人に振り回されない意識を手に入れることに繋がります。

★明るい将来を想像する

大きな白い紙を用意してください。それに、雑誌などの切り抜き、好きな写真を好きなようにぺたぺたと貼っていきます。風景、人物、建物、動物、花などなんでも構いません。テーマは「自分の将来のイメージ」です。

人はどうしても過去にしばられた延長線上の未来の自分をイメージしてしまいます。だから、未来のなりたい自分をイメージするのです。未来から逆算して自分の向かう方向を決めましょう。方向が見えてきたら、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。きっと何かいいことが待っていますよ。

★見方を変えてみる

人間関係が苦手で、なかなか人と仲良くなれないと、孤独を感じて心が病みやすいよね。ぼっちはイヤだって、みんな思ってる。でも、ここでちょっと見方を変えてみよう。

ぼっちで孤独なのは、本当にダメなことなのかなあ?一匹狼(いっぴきおおかみ)っていう言葉もあるように、自分一人でなんでもできちゃうのは実はカッコいいんだよ。だれかと群れてないとダメなコじゃなく、一人で自立して生きていける女子は男子から見ても安心なんだ。

★何かに失敗しても、成功機会だと考える

1 2