1. まとめトップ

HKT48宮脇咲良さんの「すべてを背負う」ってどういう意味?

HKT48宮脇咲良さんが総選挙にかける思いとは?

更新日: 2018年06月04日

0 お気に入り 5889 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

指原莉乃のいない総選挙ですべてを背負うと告白した。宮脇咲良さん

akb48scopeさん

2018世界総選挙ですべてを背負うと告白

宮脇咲良 - Wikpedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E8%84%87%E5%92%B2%E8%89%AF

HKT48の宮脇咲良さんが「HTK48ホームパーティー」というCSの番組で語ったそうです。

指原莉乃さんが出ない総選挙ははじめてなので全てを背負うつもりで参加すると語っています。

自身のSNSでは「今年の総選挙は、全て背負うって決めました。私が、総選挙ではHKTの先頭に立ちます。いつも、頼ってばかりだから。HKTのみんなの笑顔を守るために。頑張ります」と腹をくくって選挙戦に突入した。

(指原)が出ない総選挙は初めてなので、HKT48を全て背負うつもりでファンの方と一緒に全力で頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします」と初の1位奪取に向け、改めて覚悟を示した。

どんな結果であっても全て受け止めるという意味なのでしょうか

16日に迫った「第10回AKB48世界選抜総選挙」。5月30日の速報で宮脇は暫定3位につけ、「さっしーが出ない総選挙は初めてなので、HKT48のすべてを背負うつもりで、ファンの方と一緒に全力で、頑張りたいと思います」とコメントしている。

宮脇咲良さんの「すべてを背負う」というのはHKTの全てを背負うと意味合いが強い?

宮脇さんは、目標にしていた指原莉乃さん(25)が出馬しなくなった総選挙への出馬を迷っていたが、それでは上位にHKT勢が「誰もいなくなっちゃうかもしれない」。総選挙向けポスターでは、休養中で不出馬の兒玉遥さん(21)のものとみられる帽子をかぶり、「博多で獲った旗は博多が引き継ぐ」の標語を掲げた。

指原さんから1位の座を引き継ぐ、という意気込みだ。出馬は今回を最後にしたい考えで、グループを背負った背水の陣で「1位獲り」を目指す。

宮脇さんの想いはファンにも伝わっているようですね。今回は強い!

今回の総選挙の票ですが13枚分ですが宮脇咲良さんに全て捧げました。力不足ですが、兒玉遥さんの想いを宮脇咲良さんに受け取って1位になってほしいです。 pic.twitter.com/DhJH1FwThB

指原支配人の元でグループを引っ張る兒玉遥と宮脇咲良、そして若手を束ねる田島芽瑠と朝長美桜。 多田愛佳が卒業したけれど、この風景こそがHKTの原風景だ。 「なこみく」と松岡はなが中央に立つようになったのならば、このメンバーが全力で後方からサポートする。 HKT48とはそういうグループ。 pic.twitter.com/CRP5jWbxRD

宮脇咲良「最後の出馬」決めた理由 盟友・兒玉、恩師・指原の想い背負う ①「盟友」兒玉遥のベレー帽かぶり、指原莉乃から「旗を引き継ぐ」 ②「さっしーの次に1位の席に座るのは私じゃなきゃダメなんだな、っていう使命感」 ※ 2019年以降の出馬は見送る考え! #博多で獲った旗は博多が引き継ぐ pic.twitter.com/D3u0ZBzxwk

1