1. まとめトップ

ただ嫌われてるだけ!?アンチが多いのに好感度が低い芸能人(ジャニーズ系統編)

世間では人気はアンチと比例していると言いますが,嫌われているのに好感度が低い芸能人っていますよね。今回はそれに該当する木村拓哉(元SMAP),香取慎吾(元SMAP),赤西仁(元KAT-TUN),小山慶一郎(NEWS),横尾渉(kis-my-ft2)などといった芸能人とその理由を考えていきます

更新日: 2018年06月21日

0 お気に入り 61160 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世間では人気はアンチと比例していると言いますが,嫌われているのに好感度が低い芸能人っていますよね。今回はそれに該当する木村拓哉(元SMAP),香取慎吾(元SMAP),赤西仁(元KAT-TUN),小山慶一郎(NEWS),横尾渉(kis-my-ft2)などといった芸能人とその理由を考えていきます

NINOKENさん

嫌いなジャニーズランキング

木村拓哉(元SMAP)

2013年嫌いなジャニーズ2位
2014年嫌いなジャニーズ1位
2015年嫌いなジャニーズ1位
2016年嫌いなジャニーズ1位
2017年嫌いなジャニーズ2位
2018年嫌いなジャニーズ4位

そして2位は'16年「嫌い」部門の“絶対王者”元SMAPの木村拓哉だ。あの解散騒動のことをよく思わない人はいまだに多いようで……。

「SMAP騒動で印象が悪くなった」(20代女性・会社員)「SMAPを潰した張本人」(50代女性・会社員)「どうも信用できない」(30代女性・パート従業員)などの意見が多数!

 会見時の態度にも「謝罪会見のドヤ顔が…。何故あの状況であんな顔が出来るのか人格を疑う」(20代女性・会社員)といった指摘が入っていた。

 この騒動に関連して「俺様」「自己中心的」「自己保身」というワードがズラリと並んでいた。“裏切り者”という印象がまだまだ拭えない模様。

また、「SMAP解散」に関する意見のほかに彼の演技力に着目するコメントも多く見られた。昨年はTBS日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』に主演として出演、そしてこちらも主演する映画『無限の住人』が公開中だ。

「何の役をやっても木村拓哉になっちゃうくらい演技下手なのにうまいと思ってるところ」(30代女性・主婦)

「俳優として、演技が凄いわけではないのに勘違いしているところ。演技なんか出来ていなくて、どんな役でも自分を消しきれていない。そんな人が演技について語っているのを見るとムカつく」(20代女性・学生)

「飽きた。いい加減、年相応の役をちゃんとやってみたら良いのに。格好いいだけの役はもう無理。世代交代ですよ」(40代女性・主婦)

 他の意見として編集部がチョイスしたのは、こんな感じ。

「鼻につく」(20代女性・学生)、「威嚇する目つき」(40代女性・会社員)、「ジャイアン」(40代女性・療養中)、「黒い」(30代女性・会社員)、「関口宏のフレンドパークのエアホッケーで、余りに周りを気遣えない様子を見たから」(50代女性・主婦)

今の嵐と比べ物にならない程の遥かに人気です
好きなジャニーズでも
2013年5位
2014年2位
2015年9位
2016年7位
2017年10位
2018年19位
にランクインしてます

とにかく着る服やドラマで使ったものは売れ、髪型は真似する、演じた役柄の職業に就職希望者が殺到し、子供の名前は「たくや」、何か新しいCMをやるというだけでワイドショーで取り上げられ、駅に貼ったポスターは盗まれるなど。
女性のみならず男性からもカリスマになった初めてのアイドルだと思います。
木村さんがナイフを持つ役を演じたら、真似して傷害事件を起こしてしまうものまであらわれたため、それ以来そういう役は出来なくなりました。
CMの契約数もかれこれ十何年以上トップでいます、毎回その時旬のアスリートなど(今は石川遼君)と契約数を競っています。何かことあるごとに叩かれるのもトップであることを証明していると思います。いまだに超える人は出てきません。

今はそんなすごい人ではないですよね……

香取慎吾(元SMAP)

確かに、木村の一人で違う道を進んだやり方に反感を持つ人も多いですが、彼の行動も嫌われています

「雑誌に書いてることを鵜呑みにしているから本当のところはわからないけれど、あれが本当なら大人げない」(50代女性・会社員)

「目が怖い」(20代女性・会社員)

「目が笑ってない。コミカルな風に見せて実は暗そう。粘着質そう」(50代女性・パート)

「おじゃマップの収録で、子だくさん家庭を訪問した時に、遠慮なく子供のおかずをモリモリ食べていた場面や、他の共演者にわがまま放題で収録している姿を見て、幻滅」(50代女性・会社員)

「芸術家タイプで自由奔放が可愛いかったのですが歳を重ねてもスタイルが変わらず大人げない行動が多すぎる」(60代女性・会社員)

小山慶一郎(NEWS)

2017年嫌いなジャニーズ3位
2018年嫌いなジャニーズ2位

「ファンを裏切る行為。あれだけSNS上で、流出したものがたくさんあるのに一切触れない。正直嫌いという線を通り越して、どーでもいいジャニーズですね。彼が何をしてても一切関心が沸かない。だけど、彼の起こしたゲス以上のクソ行為が面白くて仕方ない。見てて楽しい」(20代女性・介護福祉士)

「今回のひと悶着で裏切られた。周りの小山担が本当に可哀想だったし、その件について何もフォローがなかったから。好きだったのに」(20代女性・学生)

「彼女の匂わせで流出した自撮り写真がイタい」(20代女性・会社員)

「交際を匂わせておきながらファンに謝りもしない。挙げ句の果てには裏でファンの悪口、メンバーの悪口を言ってる彼はクズでしかない。早くグループから抜けてほしい」(10代女性・学生)

などなど、ほかにも掲載できないような辛辣な意見が多数。この“小山事変”の影響もあってなのか、キャスター業のイメージも大幅に悪化しているようだ。

「キャスター然として、常識人ぶっているけど意地の悪さが滲み出ている」(40代女性・主婦)

「とにかく迂闊。せっかくニュース番組に出て、知的イメージが定着しつつあったのに、プライベートがあれではがっかり」(30代女性・主婦)

「キャスターの仕事をしている顔と、私生活での顔が正反対であること。賢い人かと思っていたけど、だらしない自分勝手な人にみえるから」(40代女性・主婦)

 まさに“負のギャップ”! 最後に、20代会社員の女性から意見で締めくくりたい。

「スキャンダルに対しての誠意が全くない。彼女がいたことを怒っているのではない。せめて、アイドルとして、ファンへ何かしらの言葉を送るべき。アイドルは適当でキャスターへ力を入れる姿はもうジャニーズではない」

 まずはプロ意識をもってアイドル業を全うする。その先に、日々のニュースを伝えるキャスター業があるのかもしれない。その意味では先輩・嵐の櫻井翔はしっかりしているようにも見える。

赤西仁(元KAT-TUN)

「SMAP解散は社会現象とも言われ、これだけ報道されていれば、スマホを見れば目にする機会はあったはず。それに赤西さんは交友関係も広く、SMAPの解散が話題にあがらないわけがない。この“おとぼけ”は、ちょっと無理があるようにも思えます」(芸能ライター)

 さらに、今回の天然発言には、一部のKAT-TUNファンからの批判も聞こえる。赤西は人気絶頂の最中、ロサンゼルスに語学留学をしたかと思えば、今度は方向性の違いを理由にKAT-TUNを脱退。その後はアメリカ進出などを目指してソロ活動を続けている。

 そのため、今回の発言が無神経であるととられ、「自分がいたグループみたいに、グループ自体は続くものだと認識してる」「何で辞めちゃったんだろうってお前が言うな」と批判された。

横尾渉(kis-my-ft2)

2017年嫌いなジャニーズ8位

「歌の下手さがハンパない。。」(40代女性・主婦)

「亀梨和也さんの私物を借りパクしたまま返さないから」(50代女性・家事手伝い)

「ジャニーズ大運動会でのやる気のなさ、プライベートの詰めの甘さがSNSで広まりすぎなため」(20代女性・学生)

「匂わせ彼女がいたのを知ってから今までの塩対応が許せなくなりました」(20代女性・会社員)

「最近、髪が長すぎて不潔」(10代女性・学生)

1