1. まとめトップ

その笑顔で決まり?初対面の印象がいい人とは?

初対面の印象がいい人にはよく笑ったり、笑顔が多く素敵な人に多いものです。それだけ表情が相手に与える印象の強さを物語るわけですが、それだけ人間関係で得をする人とも言えます。と言うのも初対面の印象は一瞬で決まり、その印象を覆すには2時間も必要という研究結果も出ているほどだからです。

更新日: 2018年06月06日

1 お気に入り 519 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・よく笑う人

笑顔の素敵な人は、男女の好み関係なくいい印象を持って貰えやすいです。初対面だと、内面まで理解して話すことはできませんが、印象を伝えることはできます。第一印象はとても大切で、特に初対面では言葉も少なくいがち。

そういう時はせめて笑顔でいるようにしないと、普段は明るくて元気な人でもマイナスなイメージを与えてしまい、また話してみたいという気持ちには繋がらないでしょう。初対面は、まずは笑顔で気持ちよく接するように意識することが大切です。

・自然な笑顔

初対面の相手に良い感じを与えるには、なんといっても表情が大切です。

容姿がいくら良くても、表情が暗かったり厳しかったり硬かったりすれば、相手に良い印象を与えることはできません。

ですから、第一印象が良い人の第一の特徴は「笑顔」ということになります。

ただし、わざとらしい印象を与えるような造り笑顔はNG。

作為が相手に伝わってしまうような、不自然な満面の笑みは逆効果になってしまい、

相手に悪い印象を与えることが少なくありません。

ごく自然な穏やかな微笑が、相手に好印象を与えるベストの表情ということになるでしょう。

穏やかな表情をしていると、相手に柔らかな印象を与え、「良い人そう」と思わせることができるわけです。

・相手の目を見て話す

人見知りの人や恥ずかしがり屋の人、あるいはコミュニケーションに苦手意識を持っている人にありがちなのが、

「相手の目を見て話さない」ということです。

視線を合わせないで話をしたり、目がきょろきょろ動いて視線が定まらないような人は、

相手に好印象を与えることはできません。

「話すときは相手の目を見る」というのが基本ですが、とはいっても、

ずっと目を見つめ続けるというのも不自然になってしまうでしょう。

あまりずっと見つめられたままだと、相手はその視線に疲れてしまいます。

目力が強い場合は、相手に威圧感を与えてしまうこともあるでしょう。

そういうことにならないよう、基本的には相手の目を見て話しながら、

時には少しそらして相手を疲れさせないこと、これが第一印象の良い人の特徴ということになります。

・姿勢が良い

案外見過ごされがちですが、第一印象が良い人には「姿勢が良い」という特徴もあります。

逆のケースを考えてみましょう。

例えば、イスやソファに座って対面した時、相手が、背もたれにもたれただらしない姿勢だったり、

いきなり足を組んだりしたら、良い印象はもてないはずです。

立っている時でも、猫背でうつむき加減な姿勢だと、暗い印象になりますから、やはり第一印象は良くなりません。

座っている時も立っている時も、背筋を伸ばしたきちんとした姿勢でいることが、

第一印象の良い人の、見過ごされがちな特徴です。

ハキハキした話し方

第一印象のいい人は、話し方がはきはきとしているでしょう。 大きな声、小さな声はあまり関係ありません。 大きな声でもおどおどしたり、不躾な話し方になる人もいますし、小さな声でも落ち着きのある聞き取りやすい話し方ができる人もいます。

声の大小ではなく、話し方に注目しましょう。 第一印象のいい人は相手に聞き取りづらい話し方や、乱暴な言い方はしません。

・容姿が整っている

何だかんだ言ったって、男女間におきましては、見た目がいい方が第一印象がいいですし得をします。 特に男性は視覚重視の傾向があり、美人や可愛い女性に弱いものです。

ただ、第一印象が良ければ確かに出会いやチャンスは広がりますが、それが全てというわけではないのです。 むしろ、見た目がいいだけに性格が悪いとさらに悪く思われたりすることもあります。

・共感力が高い

第一印象のいい人は、相手と話す時も否定的なことは言いません。 また過剰なお世辞や、嘘も言いません。 相手の話すことに反論せず、一旦受け入れることができます。 また共感性があって、さりげなく相槌を入れたりすることもできるので初対面でもわりと話が弾むことが多く相手はいい気分で話ができたと満足します。

・声量や話すスピードがちょうどいい・

この類の人は、大きすぎず小さすぎず相手が聞き取りやすい声量とで話すとともに、聞き取りやすいスピードで話すことができます。

声が小さすぎたり、話すスピードがまるで早口言葉のように何を話しているのかなかなか聞きとることができないなどして何度も聞き返してしまったり、逆に声が大きすぎて聞きづらかったり不快に思うといった場合もよくあると思われます。

すると、見た目とは裏腹にイメージダウンさせてしまったり、相手が自分の話を聞く気にならなかったり、自分と話したいと思ってくれなくなる場合があります。

その反面、この類の人は相手が心地よく自分の話を聞き取れるようにと配慮することができるので、相手が自分の話をよく聞いてくれるようになり、結果的にミスや失敗をすることがなかったり、伝えたことを相手がしっかりとやってくれる、といったようなことにつながります。

・身だしなみが良い

第一印象が良い人には、もう一つ、「身だしなみの良さ」という特徴もあります。

いくら笑顔がすてきでも、目やにがついていたり、鼻毛が出たり、服や靴が汚れていたり、

服装が乱れていたりすれば、良い印象にはなりません。

細かいところまで気を配り、身だしなみを整えていること、そのことによって人に清潔感を与えることができること、

これが第一印象が良い人の特徴ということになります。

・声が聞きやすい

1 2