人見知りの人や恥ずかしがり屋の人、あるいはコミュニケーションに苦手意識を持っている人にありがちなのが、

「相手の目を見て話さない」ということです。

視線を合わせないで話をしたり、目がきょろきょろ動いて視線が定まらないような人は、

相手に好印象を与えることはできません。

「話すときは相手の目を見る」というのが基本ですが、とはいっても、

ずっと目を見つめ続けるというのも不自然になってしまうでしょう。

出典第一印象が良い人の特徴5個

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

その笑顔で決まり?初対面の印象がいい人とは?

初対面の印象がいい人にはよく笑ったり、笑顔が多く素敵な人に多いものです。それだけ表情が相手に与える印象の強さを物語るわけですが、それだけ人間関係で得をする人とも言えます。と言うのも初対面の印象は一瞬で決まり、その印象を覆すには2時間も必要という研究結果も出ているほどだからです。

このまとめを見る