1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

働き盛りで働けない‥近年、中高年「ミッシングワーカー」が急増している

NHKスペシャルで注目を集めた「ミッシングワーカー」。40代、50代の働き盛り「ミッシングワーカー」が急増しているようです。

更新日: 2018年06月06日

33 お気に入り 82296 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●テレビ番組で注目を集めた「ミッシングワーカー」の問題

いま、40代、50代の働き盛りで長い間働けない「ミッシングワーカー」が急増している。

仕事を探していないため「失業者」にカウントされず、労働市場から"消えた"状態になっているという。

●近年「中年フリーター」の増加が深刻化している?

総務省の労働力調査によると、35~44歳のフリーターは2011年に、男女あわせて約50万人となり、過去最高

・2016年「労働力調査」では、125万人に上っている

総務省の2016年「労働力調査」によりますと、35~54歳までで正規職員になりたくてもなれずに非正規となっている方(不本意非正規)が125万人いるとの結果が出ています。

不本意ながら非正規職員となっている125万人を男女別に見ると、男性49万人、女性76万と女性の方が多くなっています。

・氷河期最初の世代は、すでに40代に突入している

氷河期最初の世代はすでに40代に突入。年齢的に正社員に就くのが困難であるだけでなく、体力の衰えとともに働けなくなってくる。

最近は、サービス業や建設業などで人手不足が顕著となり、雇用環境も改善していることなどから、34歳までのいわゆる「若年フリーター」は減少傾向にあります

●一方、日本では、40代・50代の「失業者」の数は72万人

欧米の社会学者は「ミッシング・ワーカー」として問題視している。日本では、40代・50代の「失業者」の数は72万人。

一方、専門家の推計で「ミッシング・ワーカー」は103万人に上る。

・働き盛りの中高年にも働けない人が多いという深刻な事態に‥

50歳の時点で一度も結婚をしていない「生涯未婚者」は上昇の一途を辿っている。

少子高齢化で生産人口が減少しているのに、働き盛りの中高年にも働けない人が多い、という深刻な事態になっている

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

NHKのミッシングワーカーやっと見たけど辛い現実すぎて泣きそうまだ就職すらしてないのに

ミッシングワーカーと隣り合わせの生活してる。早くここから脱出しないとな

40代以上で雇用からはぐれれば確かにドドッと足場の悪いのになっちゃうよねぇ恐いわぁ --- 親の年金、貯金を頼りにギリギリの生活…… 「働けない中高年」の実態に迫ったNスペ「ミッシングワーカー」が話題に (キャリコネ - 06月04日 18:41) http://mixi....

1 2