1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

世の中の女性の永遠のテーマ「アンチエイジング」。体の表面だけでなく、体内からキレイにすることで健康的により美しく若返ります。ここでは、アンチエイジングについて気になる記事をピックアップしてみました。

mata_keiさん

25歳を過ぎたらお肌に気を使った方がいい

明治時代の女性の平均年齢は38歳ですから、25歳と言えばまさに中年! ターニングポイントなのです。と同時に、25歳という年齢は女性として最も輝いて美しい時です。25歳の肌や髪、プロポーションなどをしっかり覚え込んで、それを目標にエイジングケアを続けていくようにするといいでしょう。

25歳をすぎると本格的にアンチエイジングケアを行わないと大変なことになります。今やるのとやらないとでは、10年後の外見にかなりのあるからこわいこわい。しっかりケアをしていきましょう。

食べ物に含まれている栄養成分を意識しよう

アンチエイジングに効果的な食べ物として注目されているナッツ類。その中でもアーモンドはビタミンEの含有量が多く、脳の機能を高めるオメガ脂肪酸や糖化を抑える働きもあります。脂質が多いので食べ過ぎに注意。

脳の機能を高める効果が期待できるオメガ酸が含まれている食品を食べるようにしたいですね。同時に、糖を抑えめにした食事だとなお良し。アーモンドはカロリーも低くて、腹持ちがいいので多くのダイエッターが使用している食品として有名です。

抗酸化作用が高いリコピンを摂取しよう

抗酸化作用があるといわれる食べ物の中でも特に有名なのがトマトです。
トマトには赤色の色素成分であるリコピンが豊富に含まれています。
このリコピンがビタミンEの約100倍といわれる強力な抗酸化作用を有しているのです。

トマトに多く含まれているリコピンは、体の中の参加を防ぐのに効果が期待できるそうです。油に溶けやすく炒め物にして食べるてもOK。生のトマトが苦手な人でも、他の野菜や肉と一緒に摂取できそうですね。

酸化による症状

2、白髪など老化現象がおきる
酸化は、お肌だけでなく髪にも影響します。増え過ぎた活性酸素は、髪の黒い成分を作る「メラノサイト」までも攻撃してダメージを与えてしまうのです。するとメラニンがつくられなくなり、白髪に。

酸化を頬ておくと、老化現象が起きてシミや白髪の生成につながるんですね。

ドレッシングにも気を付けよう

調味料もシンプルにしましょう。市販のドレッシングなどの調味料には意外にたくさんの油や塩、砂糖、添加物などが使用されていることが多く、知らないうちに摂りすぎてしまいます。こだわりの塩、しょうゆ、酢、こしょう、オリーブオイル、亜麻仁オイル、ごま油などでドレッシングを作ったり、食べる前に調合して味付けしましょう。減塩したい場合は、レモンをぜひ塩代わりに使ってください。

ドレッシングも糖や酸化を促進する成分が多く含まれています。調味料にこだわり過ぎないで、シンプルにしましょう。自分で作ってみるのも楽しそうです。

1日2回以上、緑の野菜を食べる

「いくつかの科学的大躍進を経た今、中年期は、遺伝子や身体をプログラムし直すための重要な時期だと考えてみてください」とサラ博士。「まずは、食生活から始めましょう。食事は単なるエネルギー摂取ではありません。一口ごとに大切な情報をDNAに送り込むのです。老化防止にいちばん効くのは、野菜を中心とした食事に、動物性の食物を調味料や薬味のような気持ちで取り入れること。また、抗炎症作用のあるタンパク質や乳製品を選んでみてください」

パンやごはん、麺類などの炭水化物は体の酸化を促進させ、老化に繋がってしまいます。なるべく野菜中心の食生活にしましょう。緑の野菜を1日2回たべるうにしてくださいね。

アボカドを好んで摂取しましょう

アボカドが体に良いとは有名な話ですが、抗酸化作用があることでも人気があります。ヘルシーな脂質を含み、お肌に必要なビタミンや他の栄養素も豊富に含まれています。

抗酸化作用がある食品の代表格であるアボカドを好んで食しましょう。サラダに入っていると美味しく食べれますよ。

意外なことに甘酒も効果的

甘酒は発酵して作られる為含まれている酵素は100種類以上と言われていて様々な効果を持っていますが代表的なのはダイエット効果がある事。消化酵素によって体内の代謝を活発にしてくれるので体中に行きわたる栄養素はしっかりと行きわたり、便秘の解消にも繋がります。

100種類以上の酵素が魅力的ですね。消化をよくして体内を活発にしてくれる働きが素敵。ただし、飲み過ぎには注意しましょう。

食事を食べる時間帯も重要

1)朝食(7時~9時)
朝から午後にかけて最も盛んに活動する消化器は肝臓です。肝臓は、脂肪を代謝し、タンパク質合成を促進する臓器。そのため、朝食には新しい細胞の材料となる良質なタンパク質をメインに、1日のエネルギーの元となる良質な脂肪、少量の炭水化物を摂りましょう。具体的な例としては、サーモンなどをグリルしたものを150g程度、玄米や全粒粉のパンなど血糖値を上げにくい炭水化物を茶碗に1杯もしくは食パン1枚程度です。100g程度の野菜も一緒に食べましょう。さらに、新鮮な野菜から作った野菜ジュースをコップ1杯飲んでください。

(2)昼食(12時~14時)
朝食時と同じく、引き続き肝臓の働きが活発です。そのため、赤身肉やチキン、魚など、良質なタンパク質をメインに、少量の炭水化物を摂ります。野菜は250g程度、しっかり食べることをおすすめします。

体内リズムに合わせて食べる時間帯や成分も調整しなくてはいかねいんですね。大変そうですが慣れたらそうでもないかもしれません。まずは1日試しにやってみましょう。

地中海料理がアンチエイジングに効果的!?

 代表的なものに2013年に報告された「地中海食と血管障害発症予防」があります。約7500名を対象に4.8年の追跡期間を費やして行われたもので、エキストラバージンオイルとナッツなどの摂取により、心血管障害の発症が30%抑制されたというものです。

ヘルシーなイメージが強い地中海料理。やはりアンチエイジングとも関係があるようですね。

1 2