1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

豚もいいけど、牛がいい!東京の美味しい牛カツのお店8選

馴染みのある豚カツもいいけれど、やっぱり牛のカツも食べてみたい。並んででも食べたい東京の牛カツのお店について。

更新日: 2018年12月05日

47 お気に入り 9519 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

JPNMILANOさん

《渋谷》もと村

今回は渋谷駅から歩いて5分ぐらいのところにある牛かつ もと村にやってきました。以前訪れた際はかなりの行列で断念しましたが今回はピーク時間とズラしての訪問です。

牛かつでは1番メジャーもと村の渋谷店。今では牛かつのお店はたくさんあるがこのお店が先駆け。麦飯は1回おかわりできる。

こちらのコンセプト〜牛かつを日本の食文化に〜見事ですよね、牛かつを刺身のように醤油に浸けて食べる、素晴らしく美味しい!

《新橋》牛かつ おか田

平日の午後2時前、ニュー新橋ビル地下一階のこちらのお店を訪問。ランチには少し遅い時間だったので、待ちはなし!

カツはレアな牛が薄めの衣を纏っており、お好みでオリジナルソースか山葵醤油をつけていただきますが、まずソースでいただきます!

見た目以上にあっさりした味わい。牛独特の肉肉しさと余分な脂を減らしたお肉なので全然しつこくないです!衣は薄くてキメ細やか。噛むとサクッとした食感がここちいい。

途中で味変でわさびをつけてみてもさらにさっぱり~!キャベツ→牛カツ→ご飯→味噌汁と黙々食べて完食★

《世田谷代田》洋食酒場 フライパン

下北沢駅からそこそこ歩いたところにある「洋食酒場フライパン」というお店に行ってきました。今回のお目当ては数量限定の「ヒレ肉の特製ビーフカツサンド」お値段2000円。こんなお高級なビーフカツサンドを食べるのは初めて。

お肉は国産の牛フィレ肉。ベリーレアなお肉のビジュアルは圧巻です!パンは厚みがありますがサクサク軽く、ビーフカツの衣も薄め。口の中に入れた時にフィレ肉の柔らかさをダイレクトに感じます!美味しい!

メインのビーフカツサンドの登場。さすが、今まで食べたビーフカツサンドの中で断トツのうまさでした。お肉が柔らかくてジューシーだし、パンはちょっとトーストされててサクフワだし。

《神保町》勝っちゃん

お店の前にいつも看板があり牛カツ一700円、二枚1000円、三枚1320円となっていた。食券機のメニューを見てカレーも魅力的であったがやはり最初は牛カツがよく二枚の食券を購入した。

赤い色の肉が柔らかく衣にも味付けされているような気がした。これはソースいらずである。これなら三枚食べられてしまいそうである。

なんでこんな美味しい牛カツがあまりないんだろうと思う。わさびをつけて食べる牛カツは絶品であった。

1 2 3