1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

カラーい唐辛子は苦手な人も多いですが、実は美容効果たっぷりの香辛料なんです!辛い物が苦手な人でも思わず食べたくなってしまう、カプサイシンのうれしすぎる美容効果を紹介します。

unomamiさん

カプサイシンとは?

カプサイシンはカプサイシノイドと呼ばれる炭素(C)、水素(H)、酸素(O)、窒素(N)からなる天然の有機化合物の一つで、トウガラシなどに含まれる辛みをもたらす成分です。

辛み成分として有名すぎるカプサイシン。
唐辛子に入っており、料理のスパイスして使われていますね。

消えにくい辛み

カプサイシンは水には溶けにくい性質がありますが、油やアルコールには溶けやすい性質をもっていて、油に漬ければラー油に、お酒に入れればぴりっと辛い唐辛子酒ができあがります。

また、加熱しても壊れにくいため、調理しても辛味が残ります。

気体にもなりにくいので、砕いても辛さはそのままなので、七味など粉末状にしても食されます。

カプサイシンの辛みは消えにくく、
過熱をしても粉末にしてもその威力は残ります。
それだけ強い香辛料ということがわかります。

嬉しい効果その① 発汗作用による美肌効果

カプサイシンからの汗は、「水分」だけでなく、「油分」も多く含まれていたのです。
つまり、韓国料理は、皮膚の「保湿性」と「保油性」の両者を高め、美肌効果に役立っていると言えるのです。

辛い物を食べると汗をかきますよね。
カプサイシンを摂取すると、味覚が刺激されることで、
唾液を分泌しようとしてたくさんの汗が分泌されます。

汗は肌の水分量を保持してくれる役割をもっているため、
潤ったプルプルの肌を保ってくれるというわけです。

美肌に必要な水分と油分を自然に分泌してくれる

皮膚の表面を覆っている皮脂膜は、皮膚から水分が蒸発することを防ぐフタの役割をし、皮膚や毛髪にうるおいを与えてくれます。また、外部の刺激から皮膚や毛髪をガードしてくれる働きがあります。

カプサイシンを摂取して汗をかくことで、
必要な水分と油分が分泌されます。
汗をかくことが美肌への近道ともいえそうですね。

韓国女性に美肌が多い理由

韓国女性には肌のきれいな人が多いのは、
カプサイシンのおかげといっても過言ではないかも。

嬉しい効果その② 脂肪燃焼効果

トウガラシの入った食べ物を食べた時、体がポカポカしたり、汗をかいたりしますよね。その理由はカプサイシンにあります。

カプサイシンには代謝を向上させる効果があるため、摂取すると血行が良くなって、体があたたかくなるのです。

カプサイシンを摂取するとアドレナリンが分泌されます。
アドレナリンは体の代謝との関係があるため、
分泌が進むと体が温まり、血行がよくなるのです。

便秘改善効果

「キムチを食べるとお通じがよくなった」という経験がある方もいらっしゃるかと思います。カプサイシンには便秘を改善する効果もあります。

カプサイシンには、蠕動運動を活発化させる効果があります。

便秘がちな人は便通がよくなることで、
体の中の老廃物が排出されて、
スリムになるのはもちろん、デトックス効果によって肌もきれいになります。

むくみ解消効果

冷え性の人やむくみがある人は、体温が上がらないで悩んでいるのではないでしょうか?つまり血行が悪いから、体温が低いということです。

1 2