1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アニメ化決定のラノベ出荷停止‥一連の騒動にネットから様々な声

アニメ「二度目の人生を異世界で」主要の声優が一斉降板した問題で、出版元のホビージャパンは6日、これまでに刊行された計18巻を出荷停止にすることを決めたと報じられました。

更新日: 2018年06月07日

9 お気に入り 52714 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●アニメ「二度目の人生を異世界で」主要の声優が一斉降板した問題

アニメどうなるんだろう…… アニメ「二度目の人生を異世界で」、主要の声優が一斉に降板 原作者がヘイトスピーチについて謝罪の直後 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… pic.twitter.com/0IRj4i2ZcX

10月から放送予定のテレビアニメ「二度目の人生を異世界で」に出演予定だった声優が6日、次々と降板を発表

同作については原作者のまいん氏が過去にTwitterでヘイトスピーチを行っていたことについて5日に謝罪したばかり

●アニメ『二度目の人生を異世界で』とは?

『二度目の人生を異世界で』は小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿された同名小説が原作。

94歳で往生したはずの主人公が異世界に転生し、前世で培った能力を開花させながら、異世界で冒険する――というファンタジー作品

「世界大戦」に従軍して3000人以上を斬り殺し、のちに人間国宝になったという主人公が死後に異世界へ転生、再び戦いに身を投じるというあらすじ

・小説投稿サイトでは、閲覧数が累計1億8900万PVを突破

●同作品は、5月下旬にアニメ化が発表されたが‥

・原作者がSNSで差別的な発言をしていたと指摘する声が上がり謝罪

同作品は今年5月下旬にアニメ化が発表されると、原作者が過去にSNSで差別的な発言をしていたと指摘する声が上がり、

・物議を醸すこととなった内容とは?

中国メディア・観察者網の6月5日付報道によると、剣客の主人公は物語の設定上「中国を侵略し3000人以上を虐殺した日本軍兵士であることが暗示されていた」という。

また、まいんさんは過去にツイッターで、中国を「虫国」、韓国を「姦国」と表記し、住む人々を「猿」と呼んでいた。

●その後、声優らが次々降板する事態も起きていた

今年10月には放映が始まる予定だったが、6月6日には主要キャストを勤める声優らが次々降板する事態も起きている。

シオン=ファム=ファタール役の安野希世乃さん、ローナ=シュヴァリエ役の中島愛さん、創造主役の山下七海さんの4名。

1 2 3