1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

シミひとつないからといって安心しきっているあなた!じつはシミになる一歩手前の「シミ予備軍」がひそんでいるかもしれませんよ。ここではそんなシミ予備軍についてまとめてみました。

skin42さん

そもそもシミ予備軍って?

シミ予備軍とは、「これからシミになるメラニン色素が肌に蓄積している状態のもの」のこと。

このシミ予備軍は放っておくと肌の表面に浮き上がり、老け顔に見られる原因の「シミ」になります。

メラニン色素は、普段、紫外線から肌を守るためにつくられる大切な色素です。
でも、加齢やストレス、たくさん紫外線をあびるなどが原因で、メラニン色素が大量につくられてしまいます。メラニン色素が増えすぎると肌のターンオーバーの周期が乱れて、うまくメラニン色素が排出されなくなり、肌に蓄積されて「シミ」となってでてきてしまうのです。

気づかずにシミの原因となってしまうメラニン色素が蓄積されているのかもしれません。なんと恐ろしい。。。

実はシミ予備軍かも…?自己判断チェック方法

シミ予備軍についてわかっても、「実際に自分はどうなの?」と思う人も多いはず。簡単にできる自己判断チェックで確認してみてください。

シミ予備軍チェックリスト

日中外出する機会が多い
洗濯物を干す程度で日焼け止めは塗らない
過去に部活などで紫外線を多く浴びることがあった
睡眠不足
昼夜逆転の生活をしている
食生活が乱れている
昔より肌荒れを起こしやすくなった
肌がごわごわする
ファンデーションがキレイに乗らない
肌がくすんでいる
クマがひどい
ドライアイ
目の疲れが取れない

みなさんはいくつ当てはまりましたか?
5つ以上当てはまる場合は要注意!早めにケアをはじめましょう。

紫外線をあびることでシミができると思われがちですが、肌荒れや睡眠不足、生活習慣の乱れなども原因の一つなんですね。紫外線対策だけでなく、普段の生活の見直しも大切です。

シミ予備軍を調べる方法って?

よくある百貨店などにはいっている化粧品売り場にあるものとしてコスメカウンターやエステ、美容クリニックなどで肌の内側の状態を知ることができます。

肌診断に使用される機械にも種類がありますが、中には・・・

・シミ
・隠れシミ
・シミ予備軍
・シワ
・キメ
・毛穴
・肌年齢

といった事まで測定することができます。

もっと細かく調べたい人は、化粧品売り場や美容クリニックなどで肌チェックをしてもらえるようです。シミ予備軍のチェックだけでなく、肌年齢や肌のキメまでチェックしてもらえるのは嬉しいですね。
美容に特化したスタッフさんから、診断結果をふまえて肌に合ったスキンケア方法のアドバイスももらえるかもしれませんよ。

今からできるシミ対策って?

シミが肌の表面に出てきてしまう前に、シミ予備軍をケアする必要があります。では、どんな対策があるのかみてみましょう。

紫外線対策

春や夏は紫外線量がぐんと増えるためしっかり紫外線をしていても、秋や冬は乾燥対策の方に力を入れている方も多いはず。冬でも夏の4分の1程の紫外線が降り注いでいるため、ケアしないでいるとどんどん紫外線ダメージが蓄積されてしまいます。面倒なようでも1年中日焼け止めクリームを常備して紫外線対策を行うことが大切ですよ。

冬でも紫外線をあびる可能性が高いので、夏だけでなく一年を通して紫外線対策を行っていく必要があります。日焼け止めを塗ってUVケアを行なうほか、帽子や日傘、手袋などで肌を守るとより効果的です。

普段の生活習慣を見直す

栄養バランスの偏った食生活も、ターンオーバーの周期を乱れさせる原因です。

ターンオーバーに必要な栄養素の中でも、皮膚を修復するビタミンAは、うなぎや鶏や豚のレバー、人参などの緑黄色野菜に多く含まれています。

皮膚の粘膜の生成を促すビタミンB群も鶏や豚のレバーや緑黄色野菜のほか、まぐろやかつお、豚肉、牛乳、卵などが豊富に含まれている食品です。

ビタミンCはメラニンの生成を抑制するとともに、コラーゲンの生成を促す作用があり、キウイなどの果物、ピーマンやブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。

食べ物のなかにも、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCなど、肌に作用する栄養素が豊富に含まれています。シミ予備軍を防ぐためにも、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠時には、お肌や体の機能を回復させる成長ホルモンが分泌されています。成長ホルモンが多く分泌される時間帯にしっかりと睡眠をとっておけば、お肌は眠っているうちに回復し、ターンオーバーを正常に戻してくれます。
ただ眠れば良いというわけではなく、効率よく的確に睡眠をとる事が重要です。
一般的にゴールデンタイムと呼ばれる22時〜2時の間にしっかりと眠れる体制に入っていれば健康やお肌に良い質の高い睡眠がとれるとされています。

睡眠をただとるのではなく、何時に寝るのかも重要のようです。質の良い睡眠をとるなら、成長ホルモンの分泌が活発になる22時~2時のゴールデンタイムにはしっかり眠っている状態をつくりたいですね。

肌の美容・保湿ケア

肌の奥に潜んでいるシミ予備軍にも美白化粧品を使ったスキンケアが効果的です。シミ予備軍は乾燥などによりターンオーバーが乱れると肌の表面に出やすいので、美白成分だけでなく保湿成分もしっかり含まれたものを選んでくださいね。

どんなにシミ対策を行なっても、シミ予備軍は生まれてしまいます。そんなシミ予備軍がシミとして肌の表面に出てこないよう、毎日のケアは欠かせません。
シミが目立たないときから、美白ケアや保湿ケアを行なうようにしましょう。

ケアをしっかり行えばシミを予防できる

できてしまったシミをケアするのは大変なため、シミ予備軍の段階でケアしておきたいものです。自分の肌の状態を把握し、シミの原因の一つである紫外線対策を行なっていきましょう。
また、美肌を保つためには紫外線対策だけでなく、食事のバランスや睡眠などの生活習慣の見直しや、肌の保湿・美白ケアも忘れずに行っていくことが大切です。
対策をしっかり行い、ターンオーバーを正常に保ってシミを予防しましょう。

1