どっちが強い?サッカー「西日本代表 vs 東日本代表」

開幕が間近となってきた「2018ワールドカップ ロシア大会」。日本代表の選手たちに注目が集まっていますが、その選手たちを出身地で分けて「東西対決」させてみました。西には本田が!東には長谷部が…!果たして強いのはどっち?

更新日: 2018年06月10日

15 お気に入り 73886 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夢の「東西」サッカー対決!

一体どんなチームになるのか、実力ある日本人選手の出身地を東西で分けて、それぞれのベストイレブンを作ってみました。

スター選手が勢揃い【西日本代表】

出身:大阪府 摂津市
所属:パチューカ(メキシコ)

2010、2014、2018W杯と3大会連続メンバー入りを果たした、世界でも有名な日本人選手。31歳。

ほかにも有名選手たちが【西日本】

出身:滋賀県 近江八幡市
所属:レアル・ベティス(スペイン)

今回初めてW杯メンバー入り。そのテクニックが脅威となるか、大注目の選手。30歳。

出身:京都府 長岡京市
所属:デュッセルドルフ(ドイツ)

今回初めてW杯メンバー入り。ハリルホジッチ体制では、相手を翻弄する切り札として重用されてきた。26歳。

出身:三重県 名張市
所属:セレッソ大阪

2014年に続くW杯メンバー入り。W杯予選では日本を救う試合終了間際の奇跡のゴールも。27歳。

鉄壁の守備にも期待…!【西日本】

出身:長崎県 長崎市
所属:サウサンプトン(イングランド)

前回大会に引き続きW杯メンバー入り。ディフェンダーとしての実績は日本人で過去最高との呼び声も高い。29歳。

出身:広島県 広島市
所属:浦和レッズ

今回初めてW杯メンバー入り。ムードメーカーで、インスタのフォロワー数は日本人Jリーガーで1番多い。31歳。

出身:大阪府 高槻市
所属:ガンバ大阪

今回初めてW杯メンバー入り。正ゴールキーパーの座を虎視眈々と狙っている。32歳。

フォーメーションはこんな感じに!

タレントが多く、経験値が豊富なチームが完成。

迎え撃つはこの11人【東日本代表】

出身:東京都 世田谷区
所属:マインツ(ドイツ)

今回初めてW杯メンバー入り。甘いマスクからは想像もできない強靭なフィジカルにドイツでも絶賛の声が。25歳。

出身:東京都 八王子市
所属:ポルティモネンセ(ポルトガル)

残念ながら今回のW杯メンバーには選ばれず「なぜだ…!」という声が殺到した期待の若手。昨季、リーグ戦29試合で10ゴール12アシスト。23歳。

心を整える、あの選手も【東日本】

出身:青森県 野辺地町
所属:ヘタフェ(スペイン)

今回初めてW杯メンバー入り。正確な判断力やパス、さらに得点力にも定評あり。26歳。

出身:静岡県 静岡市
所属:川崎フロンターレ

今回初めてW杯メンバー入り。的確で相手の裏をかくパスは「日本のイニエスタ」とまで。25歳。

守備陣にはあのベテランが【東日本】

出身:千葉県 柏市
所属:マルセイユ(フランス)

2大会連続でW杯メンバー入り。フランスリーグのベストイレブンにも度々選ばれる実力。28歳。

出身:新潟県 三条市
所属:ハンブルガーSV(ドイツ)

2大会連続でW杯メンバー入り。所属チームではキャプテンとしてチームを牽引。27歳。

1 2