1. まとめトップ

逆立ちってすごいんです!!

学生時代の体育。誰しも1度は逆立ちをしたことがあるのではないでしょうか。しかし、大人になると逆立ちする機会がなくなりますよね。実は逆立ちって健康のためには続けた方が良いんです。

更新日: 2018年06月09日

3 お気に入り 29138 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ayaka5328さん

皆さん、いつから逆立ちしていませんか?

日常生活の中で体が逆さになることって、自発的でない限りそうそうありませんよね。1日の12時間以上を立って、もしくは座って過ごす私たち。

普段私たちは、重力に逆らって直立生活をしています。これにより、体には大きな負担が至る所に掛かっています。その最たるものとして、頭痛・肩こりが挙げられます。これら頭痛や肩こりはストレスやデスクワークのやり過ぎといった原因もありますが、重力に逆らって直立生活をしたことによる弊害でもあります。

運動をしない生活を続けていると、どんどん筋肉は衰えていきます。

筋肉が衰えることで内臓を支えることができなくなり、重力の影響で下がってしまいます。

もしかしたら、ぽっこりお腹の原因になってるかも?

内臓下垂とは?

内臓下垂とは、何らかの原因で、内臓が本来の位置より下に下がってしまうことです。

重力の力で下に下に下がっていき、最終的に骨盤にあたって止まります。この状態では、内臓は正常な働きができなくなってしまい、様々な影響がでてきます。

胃のあたりやその他は気にならないのに、下腹だけ出ているという方はこの下がった内臓が出ているのですね。

悩んでいる方も多いですよね。もしかしたら、そのぽっこりお腹は脂肪ではないかもしれませんよ。

内臓下垂って様々な症状を引き起こすんです

免疫力の低下

内臓が圧迫されることによって代謝が弱り、疲労を感じやすくなったり免疫力が落ちてしまいます。

免疫力が下がると様々な病気のリスクが増えてしまいます。

内臓下垂はお腹だけでなく様々な症状に繋がってしまいます。

腸内のガス溜まり・便秘

下がってしまった内臓に腸が圧迫されて、正常な排泄ができなくなってしまいます。お腹の中にガスが溜まって、膨満感を感じることもあります。

正常な排泄ができずに便秘になると、腸の内容物の腐敗などが進行して有害物質が生成されます。
それにより、下腹部の不快感・膨満感・腹痛・悪心・嘔吐などの障害をきたす恐れがあります。

体が冷える

内臓が下がると、お腹の下の方で内臓同士が押しつぶし合うような状態になってしまいます。内臓だけでなくその周りの筋肉なども圧迫され、血流が悪くなり冷えやリンパの滞りの原因になります。

また、内臓下垂の原因が筋肉不足の場合、熱を生み出す筋肉も足りないので冷えはますます悪化。血行不良や冷えから内臓の働きが悪くなったり、頭痛や肩こりにも影響します。

内臓下垂になるとこんなにも症状が出てくるんですね。。。
ぽっこりお腹ではなくても、悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

みなさま当てはまる悩みはありましたか?改善するためにはどうすれば良いのでしょうか。。。?!

ストレッチや呼吸法などもおすすめですが、様々なメリットもある逆立ちがおすすめ!

逆立ちの効果としてよく言われているものでは

血流の改善
頭痛、肩こり、腰痛の改善
脳に血液が回ることにより頭が冴える
痩せる、痩せ体質になる、ダイエット効果がある、食欲が抑えられる
疲れにくくなる、疲れが取れる
内臓の位置が正しい位置に戻る、内臓のストレッチになり内臓を鍛えることができる
ホルモンバランスが整う、自律神経が整う
筋肉がバランスよく鍛えられる、ストレッチ効果がある
姿勢が良くなる
若返り効果、アンチエイジング効果がある
腸の動きが活発になり、便秘に効果がある
育毛、増毛効果、ハゲ防止、薄毛予防になる
などなど。

逆立ちってすごいですね。

逆立ちをすることにより、足のような筋力のない腕の筋力で体全体を支えるようになるため腕の筋力では支えられない筋力を体幹の筋力でバランスをとるようになります。これにより、体幹の深部にある筋肉が鍛えられ、基礎代謝能力が向上し、本来付いているべきではない脂肪も基礎代謝によって消費される効果が期待できるようになります。

逆立ちをすることで、頭に血液によって新鮮な酸素と栄養素が届けられることになります。これにより、脳では普段よりもたくさんの血液と酸素が行き渡ることになるので、気分が爽快になると共にストレス解消に繋がる効果が期待できます。

また、脳に栄養素が行き渡ることで、脳が活性化し、集中力や記憶力が向上する効果が期待できます。なお、頭に血がのぼることは良くないと言われがちですが、脳の活性化やストレス解消といった面からみると非常に良い効果をもたらすものです。

。。。今の私に必要だ。

逆立ちに挑戦してみましょう!!

逆立ち

内臓が重力に引かれ、自然に上がります。内臓を支える筋肉も同時に鍛えることができます。

筋肉が無くて逆立ちは無理!という方は…背中逆立ちでも効果的です。

壁に向かって垂直に仰向けで寝転びます。
お尻からかかとまでが壁にくっついている状態になるように足を上げます。
この状態でしばらくキープします。

こちらの方は。。。とてもマッスルですね。

初心者はまずコレから!三点倒立

まず最初にご紹介する「三点倒立」です。小学校や中学校などの器械体操の授業でされた方もいらっしゃると思います。

頭と両手を床に付けることで体が安定するため、初心者でもできる逆立ちで、この動画では、そんな三点倒立のやり方が紹介されています。

手順は次のとおりです。

三点倒立の手順
床に正座する
頭を床に付け、頭の位置よりも下に両手をついて三角形を作る
両足を頭の方へ近づけながら腰を持ち上げる
ゆっくり両足を床から離して頭と両手に体重をかける
動画では両足を天井方向へ伸ばしていませんが、慣れないうちは動画のような三点倒立をしましょう。

慣れてきたら、体をまっすぐ伸ばす三点倒立にレベルアップすると良いですよ。

慣れないうちは三点倒立の形をとって、足を上げずに逆さまになっても良いかもしれませんね。
頭には体重がかかって痛いので、クッションやタオルは必須です。

最初のうちは誰かに支えてもらっても良いですね。私は壁に支えてもらいました。

逆立ちが苦手。。。でもお金には余裕がある。。。
そんな方にはとても便利な器具があるのでご紹介いたします。

1 2